レアル・マドリードは5日、元同クラブ副会長のアマドール・スアレス氏が新型コロナウイルス感染のため死去したと発表した。76歳だった。

 スアレス氏はラモン・カルデロン氏が会長だった2006年にマドリー幹部となり、2007年から2009年まで副会長を務めた。在任中にクラブは2度のリーガエスパニョーラ優勝などを成し遂げている。

 スアレス氏は漁業関連の実業家として成功を収め、スペイン漁業連盟会長なども務めていた。スペインメディアによれば、サン・セバスティアンでの40日間の入院生活を経て5日に死去したとのことだ。

 マドリー関係者としては、ロレンソ・サンス元会長や、元スペイン代表DFのグレゴリオ・ベニト氏に続く新型コロナウイルスの犠牲者となった。サンス氏は3月21日に76歳で、ベニト氏は4月2日に73歳でそれぞれ死去している。