GK

1993年のJリーグ開幕から28年目を迎え、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。欧州や南米で実績を積んだ選手も多く来日してきたが、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、期待されながら結果を残せなかった助っ人たちを紹介する。※年齢は加入時点のもの
————————————————————-

ダニエル・ヴコヴィッチ(ベガルタ仙台/オーストラリア代表)
生年月日:1985年3月27日(28歳)
在籍期間:2014年3月〜同年5月
Jリーグ成績:0試合出場0得点

 セルビアにルーツを持つオーストラリア出身のダニエル・ヴコヴィッチは、2014年3月にパース・グローリーから期限付き移籍でベガルタ仙台に加入している。仙台のグラハム・アーノルド監督とはU-23オーストラリア代表で指導を受けた間柄だった。

 仙台はオフに正GKの林卓人がサンフレッチェ広島に移籍したが、期限付き移籍から復帰した関憲太郎がゴールマウスを守った。188cm96kgという巨体を持ち、世代別のオーストラリア代表経験も豊富なヴコヴィッチだったが、リーグ戦でチャンスを与えられることはなかった。

 仙台での公式戦の出場はヤマザキナビスコカップの2試合のみに終わった。保有元のパースが新シーズンに向けて復帰を要請したことで、5月末に双方合意の下、仙台との契約を解除するに至っている。

DF

アルパイ(浦和レッズ/トルコ代表)
生年月日:1973年5月29日(31歳)
在籍期間:2004年7月〜05年7月
Jリーグ成績:13試合出場0得点

 長年に渡ってトルコ代表のセンターバックを務めたアルパイは、2002年の日韓ワールドカップに出場した。グループステージ初戦のブラジル戦で決勝点につながるPKを与えてしまったが、決勝トーナメントから復帰を果たすと、日本代表とのラウンド16ではマン・オブ・ザ・マッチに輝く。トルコ代表を3位入賞に導いたアルパイは同大会のオールスターチームに選出されている。

 トルコのベシクタシュなどでプレーしたアルパイは、イングランドのアストン・ビラで3年半プレー。04年1月に韓国の仁川ユナイテッドと2年契約を交わしたが、半年足らずで浦和レッズへの移籍が決まった。

 188cm81kgの体躯はJリーグでも屈指だったが、日本ではそれが裏目に出た。小柄な日本人選手との対戦や、Jリーグの判定基準に合わず、イエローカードを連発してしまう。加入した04年はチームの2ndステージ優勝に貢献したものの、05年は出場機会が激減。7月に入って契約解除が発表された。

ウーベ・ラーン(浦和レッズ/西ドイツ代表)
生年月日:1962年5月21日(31歳)
在籍期間:1993年〜94年
Jリーグ成績:7試合出場1得点

 ボルシア・メンヒェングラートバッハで頭角を現したウーベ・ラーン。1986/87シーズンには24ゴールを挙げてブンデスリーガの得点王、1987年にはドイツ年間最優秀選手にも選出された。西ドイツ代表では1986年のメキシコ大会のメンバーとして選出されている。

 Jリーグが開幕した93年に浦和レッズに加入したが、ブンデスリーガ得点王の実力を発揮することはできなかった。チーム事情と自身のコンディションの問題もあり、本職のFWからリベロへポジションを移した。ギド・ブッフバルト、ウーベ・バインが加入した94年は外国人枠の問題から出場機会を失い、そのまま退団している。

モーゼル(鹿島アントラーズ/ブラジル代表)
生年月日:1960年9月19日(35歳)
在籍期間:1995年〜96年
Jリーグ成績:17試合出場0得点

 フラメンゴではリベルタドーレスカップとトヨタカップを制し、ポルトガルのベンフィカでは2度のリーグ優勝、マルセイユではリーグ3連覇を経験。36試合に出場したブラジル代表では1990年のイタリアワールドカップに出場したモーゼルは、フラメンゴ時代のチームメイトでもあるジーコに請われて鹿島アントラーズにやってきた。

 しかし、このとき既に35歳となっていたモーゼルは、日本で輝くことはなかった。1996年第8節のジュビロ磐田戦では19分に投入されたが、わずか2分後に退場となってしまう。結局96年は2試合に出場したのみで、このシーズン限りで現役引退を決断した。

MF

ゴイコエチェア(横浜F・マリノス/スペイン代表)
生年月日:1965年10月21日(32歳)
在籍期間:1998年
Jリーグ成績:23試合出場0得点

 エル・ドリームチームと呼ばれたヨハン・クライフが率いたバルセロナで、右サイドのポジションを幅広くこなしたゴイコエチェアはリーグ4連覇に貢献。スペイン代表でも34試合に出場して1994年の米国ワールドカップに出場している。

 94年からはアスレチック・ビルバオで3年半プレー。ラ・リーガ319試合出場という実績を引っ提げて、98年に横浜F・マリノスに加入した。エル・ドリームチームの同僚だったフリオ・サリナスと再びチームメイトとなったが、日本で残した結果は対照的なものとなった。2シーズンで34得点を決めたサリナスに対し、ゴイコエチェアは23試合の出場に終わり、1年限りでチームを去っている。

アチーレ・エマナ(徳島ヴォルティス/カメルーン代表)
生年月日:1982年6月5日(34歳)
在籍期間:2016年7月〜2016年12月
Jリーグ成績:0試合出場0得点

 カメルーン出身のアチーレ・エマナはフランスのトゥールーズでプロキャリアをスタートさせた。2010年の南アフリカワールドカップにカメルーン代表の10番として出場し、日本代表との試合にも途中出場。スペイン、サウジアラビア、UAE、メキシコでのプレーを経て、2016年7月に徳島ヴォルティスに加入した。

 ベティスでは3シーズン連続で2ケタ得点をマークしたこともあったが、34歳で加入した徳島でそのプレーを見ることはなかった。公式戦での試合出場がないまま、シーズンが終了。契約満了となったエマナはそのまま徳島を退団している。

ダニーロ(FC東京/ブラジル出身)
生年月日:1981年10月15日(23歳)
在籍期間:2005年
Jリーグ成績:5試合出場0得点

 04年限りで退団したケリーの後釜として、FC東京が獲得したダニーロ。FC東京のオファーを即決したというダニーロは、来日直後から「日本代表に入りたい」と宣言して周囲を驚かせた。

 スピードに乗ったドリブルや切れ味鋭いスルーパスを武器にインテルナシオナルで活躍したダニーロだったが、Jリーグへの適応には苦戦した。7月にメキシコのアトラス・グアダラハラへ期限付き移籍することとなり、公式戦の出場は8試合に終わっている。

フレドリック・ユングベリ(清水エスパルス/スウェーデン代表)
生年月日:1977年4月16日(34歳)
在籍期間:2011年8月〜2012年2月
Jリーグ成績:8試合出場0得点

 アーセン・ベンゲル率いる03/04シーズンのアーセナルは、ティエリ・アンリ、デニス・ベルカンプ、ソル・キャンベルを擁してプレミアリーグを無敗で優勝。「インビンシブルズ」と呼ばれたチームの中盤で存在感を放っていたのがフレドリック・ユングベリだった。

 スウェーデン代表としても中心選手として活躍し、EUROやワールドカップにも出場している。10シーズンに渡ってアーセナルでプレーした後は、MLSやスコットランドを経て2011年夏に清水エスパルスに加入した。

 すでに34歳だったが、ゴトビ監督は加入間もないユングベリを「チームトップクラスの加速力」と高く評価していた。小野伸二とも共演したが、シーズン終盤に左足を負傷。翌年2月に契約解除が発表され、Jリーグでの出場は8試合に終わっている。

FW

ゲーリー・リネカー(名古屋グランパス/イングランド代表)
生年月日:1960年11月30日(33歳)
在籍期間:1993〜94年
Jリーグ成績:18試合出場4得点

 イングランド代表としてワールドカップに2度出場し、1990年のイタリア大会では得点王に輝いたゲーリー・リネカー。ボビー・チャールトンに次ぐ48ゴールを記録し、ブライアン・ロブソンの後任としてキャプテンも経験した。

 20世紀を代表するレジェンドの1人であるリネカーは、Jリーグが開幕する1993年に名古屋グランパスにやってきた。当時の最高額の年俸は3億円とも言われ、大きな注目を集めている。

 開幕戦の鹿島アントラーズ対名古屋グランパスは、ジーコとリネカーのスター対決ということもあり大きな注目を集めたが、試合は0-5で名古屋が大敗。それから10日後に行われた横浜フリューゲルス戦で初ゴールをマークしたが、コンディションに問題があり1年目は7試合1得点に終わった。94年もファーストステージを欠場し、セカンドステージで復帰を果たすが11試合3ゴールと期待を裏切り、この年限りで現役を引退している。

イルハン(ヴィッセル神戸/トルコ代表)
生年月日:1975年8月10日(当時28歳)
在籍期間:2004年〜同年6月
Jリーグ成績:3試合出場0得点

 ドイツ育ちのイルハン・・マンスズは、自身のルーツがあるトルコでプロキャリアを歩んだ。ベシクタシュで01/02シーズンに得点王に輝くと、トルコ代表として日韓ワールドカップに出場。端正な顔立ちから「トルコの貴公子」と呼ばれたイルハンは、日本のテレビの特集が組まれ、写真集も発売されるほど当時の日本で人気を博した。

 ヴィッセル神戸にやってきたのは2004年。移籍金5億円、年俸3億5000万円ともいわれる大型移籍となったが、古傷の右ひざの状態が悪化したこともあり、プレーしたのはわずか3試合。6月にクラブに無断でドイツに帰国し、そのまま退団してしまった。

ベベット(鹿島アントラーズ/ブラジル代表)
生年月日:1964年2月16日(36歳)
在籍期間:2000年〜同年5月
Jリーグ成績:8試合出場1得点

 フラメンゴやスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャの中心選手として活躍したベベット。自身2度目のワールドカップ出場となった1994年の米国ワールドカップではロマーリオと2トップを組み、3ゴールを挙げてブラジル代表の優勝に貢献している。

 3度目の出場となったフランスワールドカップでも3ゴールを挙げて準優勝にチームを導いたベベットは、その1年半後に日本にやってきた。フラメンゴ時代のチームメイトでもあるジーコの誘いを受け、2000年に鹿島アントラーズに加わった。

 2000年は鹿島にとって初の国内3冠を獲得したシーズンとなったが、ベベットはチームにフィットすることはできなかった。初出場からわずか2か月、8試合1ゴールという成績でチームを退団している。ブラジル代表史に残るストライカーだっただけに、期待とのギャップは大きかった。

【了】