新型コロナウイルスの影響で世界各国のリーグ戦が中断される中、自宅にいる機会が増えたことでeスポーツの需要が高まっている。現地時間7日にはeFootballのリーガプロ、チームルスプロ対ディモンチェロの試合が開催される予定だ。

 eスポーツとはエレクトロニック・スポーツの略称のことで、複数人のプレイヤーが集まって対戦するゲームをスポーツと捉える際の名称である。インターネットを通じて離れた場所から対戦することが出来、どこでもプレイ出来ることが魅力の一つだ。

 日本においては、吉本興業が2018年3月からeスポーツに本格参入。同月にはJリーグも進出して「明治安田生命eJ.LEAGUE」を開催した。世界に遅れる形となったが、日本でもeスポーツの人気は徐々に高まっている。

 会員向けにブンデスリーガやセリエAの試合を無料でライブストリーミング配信している『188BET』のオッズでは、チームルスプロの勝利が1.95倍、ディモンチェロの勝利が2.74倍、引き分けが3.65倍となっている。つまり、多くの人がチームルスプロの勝利を予想していることに。果たして、どちらのチームが勝利を飾るのだろうか。