レンタル移籍で加入している31歳のアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンについて、ローマがアーセナルに給与の支払いを要請しているようだ。7日に英メディア『ESPN』が報じている。

 同メディアによると、ローマが完全移籍でムヒタリアンを獲得する場合、週給18万ポンド(約2400万円)の一部をアーセナルに支払ってもらいたいと考えているようだ。今年6月に期限付き移籍の期間が終了しアーセナルへ復帰することになるが、戦力外と考えるならばアーセナルにとってもムヒタリアンの給与は負担になる。

 ローマ意外に同選手の獲得を望んでいるクラブがいないため、完全移籍で獲得する条件としてアーセナルに提示したようだ。給与の一部支払いが実現しない場合は移籍金の減額を望んでいるとの情報もある。2019年9月にアーセナルからローマへ移籍したムヒタリアンは今季公式戦20試合に出場し6得点4アシストを記録していた。