アーセナルの元監督であるアーセン・ヴェンゲル氏は、サッカー界のトップに長年君臨し続けてきたリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの時代が終わりに近づきつつあるとして、新たなトッププレーヤー候補についての予想を述べた。英『トークスポーツ』でのコメントを複数メディアが伝えている。

 過去10年あまりにわたってバロンドールなどサッカー界の個人タイトルを2人でほぼ独占し、数多くの記録を塗り替え続けてきたメッシとC・ロナウド。現在もトップレベルのパフォーマンスを維持しているが、それぞれ32歳と35歳という年齢であり、キャリアの終盤を迎えていることは確かかもしれない。

「リオネル・メッシ…あれほどどんなタイトな状況でも絶対的な創造性を発揮できる選手は見たことがなかった。だがそういう選手たちも終わりに近づきつつある。ロナウドとメッシのことだ」とヴェンゲル氏は語る。

 その両者に続く可能性がある選手として、ヴェンゲル氏は現パリ・サンジェルマンの2大エースの名前を挙げた。「これからは次の世代だが、次世代はフランスかもしれない。現時点でリーダーになり得るのは(キリアン・)ムバッペだ。もちろんネイマールもいる」

 さらにヴェンゲル氏はイングランドにも言及。「イングランドにもチャンスがあると思う。ユースレベルで非常に良くやっている。ワールドカップでも良い戦いをしていたし、EUROでも候補の一角になると思っていた」と、ジェイドン・サンチョなど有望な若手選手を数多く輩出しつつあるイングランドの将来性を評価している。