フランス『レキップ』のアンケートにより選出された今季リーグアンのベスト11が発表された。同メディアが現地時間10日に報じた。

 リーグアンは新型コロナウイルスの影響を考慮し、今季の打ち切りが決定。優勝は現時点で首位に立っているパリ・サンジェルマン(PSG)となっている。優勝のPSGからはブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペなど7人が選出された。

 その他では、レンヌで17歳ながら主力に定着しているMFエドゥアルド・カマビンガや今季18得点でムバッペと並び得点王となったモナコFWウィサム・ベン・イェデルらも選出された。

 マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は右サイドバック部門で22%を獲得し、3位となっている。監督部門ではマルセイユを率いるアンドレ・ビラス・ボアス監督が選出された。アンケートで選出されたリーグアンのベスト11は以下の通り。

▽最優秀監督
アンドレ・ビラス・ボアス(マルセイユ)
▽GK
スティーブ・マンダンダ(マルセイユ、38%)
▽DF
レオ・デュボア(リヨン、34%)
チアゴ・シウバ(PSG、41%)
マルキーニョス(PSG、62%)
フアン・ベルナト(PSG、47%)
▽MF
エドゥアルド・カマビンガ(レンヌ、51%)
マルコ・ヴェッラッティ(PSG、56%)
アンヘル・ディ・マリア(PSG、84%)
▽FW
ネイマール(PSG、74%)
キリアン・ムバッペ(PSG、56%)
ウィサム・ベン・イェデル(モナコ、66%)