パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する27歳のフランス代表DFレイヴァン・クルザワが、移籍先のクラブで複数年契約を望んでいるようだ。10日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 2020年6月にPSGとの契約が終了するクルザワ。ルール上、選手は契約満了6ヶ月前から移籍先クラブとの仮契約合意が可能となっている。PSGが提示した契約延長オファーを拒否しており、夏に移籍金ゼロで退団する可能性は高いと考えられている。

 同メディアによると、クルザワ側の要求は5年契約+年俸600万ユーロ(約6億9000万円)とのこと。同選手に関してはアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスルなどが興味を示しているようだ。

 2015年8月にモナコからPSGに移籍したクルザワは、加入初年度でリーグ戦19試合に出場し4得点5アシストを記録してリーグアン優勝に貢献。さらに、2017/18シーズンと2018/19シーズンのリーグ連覇も経験している。今季は公式戦23試合に出場し1得点2アシストを記録していた。