チャンピオンズリーグ(CL)出場などのため他国との間で出入国を行う選手たちは、新型コロナウイルス感染予防のための14日間の隔離措置を免除されることになるかもしれない。英紙『ザ・サン』が見通しを伝えている。

 欧州各国ではロックダウン(都市封鎖)による外出制限措置が徐々に緩和され、プロスポーツも再開に向けた動きが見られつつある。だが国際試合を再開するためには、出入国時の隔離措置が大きな障害となることが想定される。

 多くの国では、入国者が新型コロナウイルスの潜伏期間中に他者と接触する可能性を避けるため14日間の隔離措置を行っている。現時点でCL再開が見込まれる8月頃にも同様の措置が続いていたとすれば、試合の開催は事実上不可能となる。

 英紙によれば、少なくとも英国ではトップレベルのスポーツ選手に対して隔離期間を免除することが検討されているという。CL出場選手やF1ドライバーの隔離免除に向け、政府とスポーツ団体の間で協議が行われているとのことだ。

 CLはベスト16にあたる決勝トーナメント1回戦の途中で大会が中断されている。再開のためには他国でも同様の隔離期間免除が必要となりそうだ。