チェルシーに所属する32歳のスペイン代表FWペドロがローマに移籍する決断を下したようだ。3日に伊紙『イル・テンポ』が報じている。

 2020年6月にチェルシーとの契約が終了するペドロ。ルール上、選手は契約満了6ヶ月前から移籍先クラブとの仮契約合意が可能であるため、ユベントス、セビージャ、ベティス、バレンシア、ローマの5クラブが関心を示していた。

 同紙によると、その中でも積極的に交渉を続けているローマがペドロの移籍先に選ばれたという。2015年8月にバルセロナからチェルシーに移籍したペドロは、2016/17シーズンのプレミアリーグ優勝、2018/19シーズンのヨーロッパリーグ制覇に貢献している。しかし、チェルシーは同選手と契約延長する気はなく、フリーで退団する見通しになっていた。