【ユベントス 4-0 レッチェ セリエA第28節】

 セリエA第28節のユベントス対レッチェが現地時間26日に行われた。試合は4-0でホームのユベントスが勝利を収めた。

 2位ラツィオと3位インテルがミッドウィークのゲームで勝ち点を逃したセリエA。首位ユベントスは、降格圏のレッチェに勝てば、さらに優勝に近づくことができる状況だ。

 ユベントスは前半からボールを支配するも、レッチェは引いて構えてなかなか隙を見せない。31分にはレッチェのCBルチョーニが最高峰でパスを受けた際にトラップミス。これを狙ったベンタンクールがファウルで止められると、ルチョーニにレッドカードが出た。これで数的優位に立ったユベントスだが、それでもレッチェの守備に手こずる。

 それでも、53分に均衡が破れた。ペナルティーエリア内でボールを受けたクリスティアーノ・ロナウドが後方に落とすと、ペナルティーアークのディバラが左足でシュート。見事なコースに決めてユベントスが先制する。

 61分にはC・ロナウドがペナルティーエリア内で倒されてPKを得ると、これを自ら決めて2-0とした。

 これで楽になったユベントス。レッチェの集中が切れ始めたこともあり、残り時間も一方的な展開になった。

 83分には、C・ロナウドのヒールパスから途中出場のイグアインが決めて3-0。その2分後にはデ・リフトも続き、4-0で試合終了を迎えた。

【得点者】
53分 1-0 ディバラ(ユベントス)
62分 2-0 C・ロナウド(ユベントス)
83分 3-0 イグアイン(ユベントス)
85分 4-0 デ・リフト(ユベントス)