【ビルバオ 3-1 マジョルカ リーガエスパニョーラ第32節】
 
 リーガエスパニョーラ第32節、アスレティック・ビルバオ対マジョルカの試合が現地時間27日に行われ、アウェイのマジョルカが1-3の敗戦を喫した。この試合でフル出場を果たしたマジョルカの久保建英に対しスペイン紙は低評価を下している。

 16分、ラウール・ガルシアがPKを決めてビルバオに先制点が入る。24分にはショートコーナーからビルバオのオイハン・サンセットに追加点を決められた。それでも70分、ペナルティーエリア内でアレクサンダー・トライコフスキがガルシアに倒されてマジョルカにPKのチャンスが与えられる。このPKをアンテ・ブディミールが決めてマジョルカが1点差に詰め寄る。

 だが90分、カウンターからビルバオのアシエル・ビジャリブレにゴールを決められ3失点目。マジョルカは1-3の敗戦を喫した。スペイン紙『マルカ』は久保に星3つが満点の中で星1つの評価を下している。アンテ・ブディミールとアレクサンダー・トライコフスキが星2つの評価となった。