ポルトガル1部のポルトに所属する日本代表MF中島翔哉は、今週中にもチームの練習に復帰することになるかもしれない。ポルトガル紙『オ・ジョーゴ』や『ア・ボーラ』が見通しを伝えている。

 中島はポルトが新型コロナウイルスの影響で休止していた練習を再開したあとも自宅での個人トレーニングを継続。リーグ戦再開後もチームには合流せず、これまで4試合を欠場している。

 ポルトは現地時間29日にリーグ第29節のパソス・デ・フェレイラ戦に臨むが、依然として中島は練習に参加していない。だが復帰の時は近づいているとも報じられている。

『ボーラ』は中島の練習復帰の見通しについて「非常に近い。おそらくは来週中」と27日土曜日付で伝えた。『ジョーゴ』は「具体的な日取りは決まっていない」としながらも、近日中に再合流し、今季中に試合に出場できるという見通しを示している。

 だが、試合に復帰するためには乗り越えるべき障害が数多くあることも見込まれている。まずは合流前にウイルス検査を受けて陰性になること、さらにチームメートや監督、スタッフらに謝罪を行い受け入れられることが必要となる。

 自宅でのトレーニングを行っていたとはいえ、コンディションや戦術適応の面で、すぐに試合でプレーできる状態ではないとも予想されている。カップ戦決勝を含めて残り7試合となった今季の終盤戦でチームに貢献するためには調整を急ぐ必要がありそうだ。