【シュトゥットガルト 1-3 ダルムシュタット ブンデスリーガ2部第34節】

 ドイツ・ブンデスリーガ2部第34節、シュトゥットガルト対ダルムシュタットが現地時間28日に行われた。試合はホームのシュトゥットガルトが1-3で敗戦を喫した。

 昇格が濃厚となっている2位シュトゥットガルト。負けても大敗、もしくは3位ハイデンハイムが大勝しなければ、1部昇格の可能性を残す。日本代表MF遠藤航は2試合連続のスタメン入りを果たし、フル出場となった。

 先制したのはダルムシュタット。33分、FKのこぼれ球を最後はドゥルスンにオーバーヘッドで押し込まれ、シュトゥットガルトは先制点を献上してしまう。しかし43分、ワマンギトゥカのパスにゴメスがスライディングで合わせ、ゴールネットを揺らす。シュトゥットガルトが前半終了間際に同点に追いついた。

 同点に追いついたシュトゥットガルトだったが、勝ち越しを許す。53分、右サイドを抜けだしたバッダーがドリブルでシュトゥットガルト陣内に侵入。そのまま右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 67分、シュートブロックに行ったパルションの腕にボールが当たり、ハンドの判定。これに対してイエローカードの判定が下され、パルションは2枚目のイエローカードで退場処分。ダルムシュタットは一人少ない状況となった。

 数的有利となったシュトゥットガルトだったが、同点ゴールを奪えず。終盤に1点を奪われたシュトゥットガルトは1-3の敗戦を喫した。敗れたシュトゥットガルトだったが、3位のハイデンハイムがアルミニアに0-3の敗戦。これにより、シュトゥットガルトの1部昇格が決まった。

【得点者】
33分 0-1 ドゥルスン(ダルムシュタット)
43分 1-1 ゴメス(シュトゥットガルト)
53分 1-2 バッダー(ダルムシュタット)
88分 1-3 ケンペ(ダルムシュタット)