バルセロナは現地時間29日、MFアルトゥールがユベントスへ移籍することで合意したことを発表した。

 バルセロナの発表によると、ユベントスが支払う移籍金は7200万ユーロ(約87億円)。さらに今後の活躍次第で最大1000万ユーロ(約12億円)のボーナスが加わることになる。

 ただし、2019/20シーズン終了まではバルセロナの一員としてプレーするとのことだ。

 アルトゥールは当初、バルセロナ残留を望んでいたと言われているが、最終的にはユベントスへ行くことを選択。26日のセルタ戦を終えたあとでイタリアへ渡り、翌日にメディカルチェックを受けたことが伝えられている。

 なお、移籍金の7200万ユーロのうち、大半はトレードによって相殺されるものとみられている。MFミラレム・ピアニッチのバルセロナ移籍も合意済みと言われており、ユベントスが金銭で支払うのは差額分の1000万ユーロ程度となるようだ。