リバプールのカメルーン代表DFジョエル・マティプは、負傷のため今季中の試合を欠場する見通しとなった。クラブ公式ウェブサイトが30日に伝えている。

 マティプは今月21日にプレミアリーグ再開初戦として行われたエバートン戦で負傷。その3日後に行われたクリスタル・パレス戦を欠場していた。

「今季中はピッチに戻ることはないが、来季は早いうちからチームを助けられることを願いたい」とマティプはクラブを通してコメントしている。

 昨季のチャンピオンズリーグ優勝などに貢献したあと、今季序盤戦もレギュラーとしてプレーしていたマティプだが、膝の負傷のため10月から長期離脱。年明け後に復帰し、エバートン戦では久々にリーグ戦での先発出場を果たしたところだった。