ローマが6月30日、アーセナルからの期限付き移籍で加入している31歳のアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンについて、2021年6月までレンタル期間を延長すると発表した。

 今夏にレンタル期間が終了する予定だったムヒタリアン。しかし、ムヒタリアンは残留を希望し期限付き移籍の期間延長を望んでいた。そして、願いが叶いレンタル延長が決まっている。ムヒタリアンはローマの公式サイトを通じて「僕は非常に満足している。ローン延長の合意に達したのでとても嬉しい。まだローマで達成していないことを達成したいと思っている。本当にここに残ることが出来て嬉しいよ」とコメントした。

 なお、アーセナルとの契約も2021年6月に終了する予定となっているため、このままアーセナルと契約延長しなければフリーでローマへ完全移籍することも可能に。2019年9月にアーセナルからローマへ期限付き移籍したムヒタリアンは今季公式戦22試合に出場し6得点4アシストを記録していた。