昨年12月までウェストハムを指揮していたマヌエル・ペレグリーニ氏が、レアル・ベティスの監督就任が濃厚となっているようだ。スペイン『アス』が現地時間6月30日に報じた。

 ビジャレアルやレアル・マドリード、マラガなどの監督を歴任したペレグリーニ氏は、2013年にマンチェスター・シティの監督に就任。その後、2016年に中国1部の河北華夏の監督に就任した。2018年からウェストハムを指揮していたが、2019年12月28日に行われたシティ戦後に解任された。

 同メディアは「ペレグリーニがレアル・ベティス監督就任へポールポジションに立った」と題し、ベティスはペレグリーニ氏との交渉に向けて動き出しているという。

 ウェストハムの監督を解任されて以降、監督業を行なっていないペレグリーニ氏。スペイン復帰となるのだろうか。