トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが、プレミアリーグ29クラブからゴールを奪った初めての選手となった。

 プレミアリーグ第32節シェフィールド・ユナイテッド対トッテナムが現地時間2日に行われた。ホームのシェフィールドUが3-1の勝利を収めた。

 ケインはこの試合に先発フル出場。ケインは前半32分にゴールネットを揺らすも、その前のプレーでルーカス・モウラにハンドがあったという判定でノーゴールに。だが3点ビハインドで迎えた90分、ペナルティエリア左で受けたソン・フンミンがダイレクトでグラウンダーのクロス。ケインがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 スポーツのデータを取り扱う『Opta』によると、ケインはこれでプレミアリーグの29クラブからゴールを奪った最初の選手になったという。試合には負けてしまったが、偉業を達成したケイン。今後もゴール量産を期待したい。