ガンバ大阪対セレッソ大阪

明治安田生命J1リーグが今週末から再開される。長い中断期間を経て各チームはどのような戦いを見せるのか。今節はどのような対戦カードが組まれているのか、注目試合や選手、見どころをピックアップした。
————————————————-

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
ガンバ大阪対セレッソ大阪
7月4日(土)18:00

注目選手
MF:遠藤保仁(G大阪)
FW:ブルーノ・メンデス(C大阪)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、しばらくは近隣のクラブとの対戦が続く。そして、J1リーグ再開初戦ではいきなり大阪ダービーが開催されることになった。

 4か月以上前に行われた開幕戦ではお互いに勝利を挙げている。ガンバ大阪は昨季王者の横浜F・マリノスと対戦。倉田秋と矢島慎也のゴールで前半のうちに2点を先行すると、後半に1点を返されたものの、9年ぶりとなる開幕戦勝利を掴んでいる。

 YBCルヴァンカップの柏レイソル戦では3バック、横浜FM戦では4バックを採用したG大阪。長い中断期間を経て、宮本恒靖監督がどのような戦いで臨むのかが試合のポイントとなりそうだ。

 対するセレッソ大阪も開幕戦で大分トリニータに勝利。8分にブルーノ・メンデスが先制ゴールを決め、昨季リーグ最少失点を誇った守備陣がそれを守り切った。G大阪戦でも守備陣の奮闘が勝利への必須条件になるだろう。

 C大阪は開幕戦でゴールを挙げたメンデスに注目したい。今季はルヴァンカップ初戦で2ゴールを挙げ、続くリーグ開幕戦でも決勝点をマーク。さらにさかのぼれば、3-1で勝利した昨年9月の大阪ダービーでも8分にゴールを決めている。鉄壁の守備陣を擁しているだけに、メンデスを中心に先制点を奪うことができるかが勝負を分けるだろう。

 パナソニックスタジアム吹田にライバルを迎えるG大阪の注目選手は遠藤保仁。開幕戦にアンカーとして先発した遠藤は、楢崎正剛が持つJ1最多出場記録(631試合)に並んだ。今年1月には40歳の誕生日を迎えたが、その高い技術はいまだ健在。G大阪は前人未到の大記録を勝利で彩りたいところだ。

川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ
7月4日(土)19:00

注目選手
DF:山根視来(川崎F)
DF:永戸勝也(鹿島)

 川崎フロンターレは等々力陸上競技場に鹿島アントラーズを迎える。優勝候補の一角に数えられながら、両者ともに開幕戦では勝ち点3を逃しているだけに、白星で再開初戦を飾りたいところだ。

 就任4年目の鬼木達監督率いる川崎Fは、今季からシステムを変更している。2月のルヴァンカップでは5得点を挙げて快勝。開幕戦はスコアレスドローに終わったが、中断期間で完成度は高まっているに違いない。

 鹿島は低調なスタートを切っている。1月28日のAFCチャンピオンズリーグのプレーオフではまさかの敗退。2月のルヴァンカップでは名古屋グランパスに敗れ、開幕戦でもサンフレッチェ広島に0-3と完敗を喫した。

 今年元日には天皇杯決勝を戦ったため、オフがわずかな期間しかなかったが、この中断期間で体を休ませることができた選手も多い。ザーゴ新監督の下で新たなサッカーに取り組む準備期間も与えられた。不調だった中断前とは一味違ったサッカーに期待したい。

 川崎Fは小林悠が先月15日に右膝の手術を受け、昨年11月に左膝の手術を受けた中村憲剛もリハビリ中。頼もしいベテラン2人を欠く戦いになるが、代わりに出る選手に活躍が求められる。

 注目選手には両チームともに新加入選手を挙げたい。湘南ベルマーレから川崎Fに今季移籍した山根視来は、2月の2試合では右サイドバックで起用された。豊富な運動量を活かした神出鬼没なプレーでゴールを狙うこともでき、攻守両面で川崎Fのキーマンになるだろう。

 対する鹿島はベガルタ仙台から加入した永戸勝也に注目。昨季はリーグ最多アシストをマークしたように、左足から繰り出させるキックの精度は折り紙付き。左サイドバックで起用されれば、山根とマッチアップするシーンもあるだろう。2人の対決が試合の行方を作用するといっていいだろう。

水戸ホーリーホック対ジェフユナイテッド千葉

注目カード(明治安田生命J2リーグ)
水戸ホーリーホック対ジェフユナイテッド千葉
7月4日(土)19:00

注目選手
MF:山田康太(水戸)
MF:田口泰士(千葉)

 J1より一足先に先週再開されたJ2リーグでは、水戸ホーリーホックとジェフユナイテッド千葉の隣県対決が行われる。今季から監督が変わった両チームはここまで1勝1敗だが、先週は対照的な結果となっている。

 水戸は今季、市立船橋高校出身で現役時代に千葉でも3シーズンプレーした秋葉忠宏が監督に就任した。ザスパクサツ群馬と対戦した前節ではCKから先制すると、試合終盤に2点を加えて勝負を決めた。群馬戦のように試合を支配して連勝を狙いたい。

 尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督が就任した今季の千葉は堅守速攻スタイルの定着を目指している。開幕戦ではFC琉球を完封し、先週の大宮アルディージャ戦は敗れたものの、失点はFKからの1点だけだった。群馬から3ゴールを奪った水戸をどれだけ抑えられるかが勝敗の分かれ目になりそうだ。

 千葉の注目選手には田口泰士を挙げたい。ジュビロ磐田から今季加入した田口はここまで2試合ともにフル出場。1試合平均5回のタックル数はチーム最多で、中盤の底で輝きを放っている。千葉が中盤で主導権を握ることができれば、勝利に近づくことができるだろう。

 対する水戸は山田康太に注目したい。横浜FMから期限付き移籍している山田も田口同様ここまで2試合にフル出場し、開幕戦では巧みなトラップから狭いコースを打ち抜いてゴールを決めた。秋葉監督とは山田はU-20日本代表ワールドカップでコーチと選手という間柄。田口同様に攻守両面で山田にかかる期待は大きい。

徳島ヴォルティス対京都サンガ

注目カード(明治安田生命Jリーグ)
徳島ヴォルティス対京都サンガ
7月4日(土)19:00

注目選手
MF:梶川諒太(徳島)
DF:森脇良太(京都)

 J2もう一つの注目ゲームには徳島ヴォルティス対京都サンガを挙げたい。ともに2試合で勝ち点3、昇格争いについていくためには勝ち点3が欲しい両チームの戦いになる。

 徳島は昨季の昇格プレーオフを勝ち抜いたが、入れ替え戦で惜しくも昇格を逃している。リカルド・ロドリゲス監督就任4年目の今季は多くの選手が入れ替わった。開幕戦では7人の新加入選手が先発メンバーに名を連ね、その中の1人である西谷和希がハットトリックを達成している。愛媛FC戦は前半に3点を先行しながら逆転負けを喫したが、持ち前の攻撃的なサッカーで京都を崩したい。

 対する京都も大幅にメンバーを変えたクラブの1つ。前節ではJ1で得点王に輝いたこともあるピーター・ウタカの2ゴールでジュビロ磐田を撃破。J1での経験豊富なベテランも多く、しぶとい戦いで勝ち点3を狙いたい。

 そんな京都の注目選手には森脇良太を挙げたい。7年間プレーした浦和レッズから今季移籍した京都でも、ムードメーカーとして存在感を放っている。再開初戦では森脇が考案したゴールパフォーマンスが話題を呼んだが、ここぞの場面で生まれる自身の得点にも期待したいところだ。

 徳島では梶川諒太に注目したい。前節で挙げた3得点はいずれも梶川が蹴ったCKから生まれている。その右足から放たれる精度の高いキックで得点を演出できれば、勝利を手繰り寄せることができるだろう。

ブラウブリッツ秋田対福島ユナイテッド

注目カード(明治安田生命Jリーグ)
ブラウブリッツ秋田対福島ユナイテッド
7月4日(土)15:00

注目選手
FW:中村亮太(秋田)
FW:イスマイラ(福島)

 9試合が予定されているJ3の中からは、ともに開幕戦で勝利を挙げた福島ユナイテッドとブラウブリッツ秋田の東北ダービーを取り上げたい。

 昨シーズンは11位に終わった福島だが、開幕戦ではヴァンラーレ八戸を2-0で下した。池田昌生が上げた右サイドからのクロスをイスマイラが頭で合わせて先制。樋口寛規のCKを大卒ルーキーの吉田朋恭がヘディングで押し込んで追加点を挙げた。

 連勝を狙う福島の注目選手は、開幕戦で先制ゴールを挙げたイスマイラ。ナイジェリア国籍を持つ21歳のFW、福島に加入した昨シーズンこそ4ゴールだったが、今季はさらなる飛躍が求められる。188cmのしなやかな長身を活かしたプレーは秋田のディフェンス陣が手を焼くことになるだろう。

 秋田は8位で終えた昨シーズンから巻き返しを図るべく、今季はアスルクラロ沼津で様々なカテゴリーを指導した経験を持つ吉田謙が監督に就任。いわてグルージャ盛岡との開幕戦では4得点を挙げ、初陣を快勝で飾った。

 秋田の注目選手には中村亮太を挙げる。開幕戦では左足のクロスから先制点を、DFラインの裏を通すパスで2点目をアシスト。味方のリフレクションを拾って3点目のゴールを決めると、4点目もアシストし、1得点3アシストと大活躍を見せている。ソユースタジアムでのホーム開幕戦は無観客となるが、リモートで応援するサポーターの期待に応える活躍を見せたい。

【了】