【リバプール 2-0 アストン・ヴィラ プレミアリーグ第33節】

 プレミアリーグ第33節のリバプール対アストン・ヴィラが現地時間5日に行われた。試合は2-0でホームのリバプールが勝利した。リバプールの南野拓実はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

 プレミアリーグ優勝を決めたリバプールは、南野が先発入りするとの現地報道もあったが、ベンチからのスタートとなった。

 残留争い中のアストン・ヴィラからなかなかゴールを奪えないリバプールは、0-0で前半を終える。

 それでも、後半に入って先制したのはリバプール。71分、ペナルティーエリア内でボールを持ったケイタがグラウンダーのパスをゴール前に入れると、マネがダイレクトでとらえて1-0とした。

 リバプールは終盤、若い力が起用に応える。85分に投入された19歳のカーティス・ジョーンズが89分にゴールを奪い、リバプールのリードは2点に。これで勝負を決めたリバプールが、降格圏のアストン・ヴィラから勝ち点3を手にした。

【得点者】
71分 1-0 マネ(リバプール)
89分 2-0 ジョーンズ(リバプール)