マンチェスター・ユナイテッドから興味を示される20歳のイングランド代表FWジェイドン・サンチョに関して、ドルトムントが交渉期限を設定したようだ。7日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 同紙によると、ドルトムントがユナイテッドとの交渉期限を8月10日に定めたという。来季に向けた準備を行うため、その日までにクラブ間合意に至らなければサンチョを売却することはないようだ。なお、ドルトムントは移籍金9000万ポンド(約121億4000万円)を望んでいる。

 2017年にマンチェスター・シティの下部組織からドルトムントへ移った後、同年10月のフランクフルト戦でブンデスリーガデビューを果たしたサンチョ。2018/19シーズンは公式戦43試合で13得点19アシストの活躍を見せ、今季は公式戦44試合に出場し20得点20アシストを記録している。