試合中に対戦相手や審判に対し、故意に咳をした場合はレッドカードを提示される可能性が出てきた。3日に英メディア『BBC』が報じている。

 今年は新型コロナウイルスの影響でリーグが中断された他、無観客試合やファンの人数制限、選手の交代枠の増大など、一時的に様々なレギュレーションが変更されている。

 同メディアによると、国際サッカー評議会(IFAB)が新たに新ルールを設けたという。対戦相手や審判に対する意図的な咳についてIFABは「攻撃的、侮辱的、または虐待的な言葉やジェスチャーの使用に該当する」と言及。明らかに偶発的であり、他の選手との距離が離れている場合は該当しないが、攻撃的な意図をもって行動を移した選手がいた場合は「レフェリーは行動を起こすことができる」としている。つまり、故意に咳をした場合はレッドカードを提示される可能性があるようだ。

 また、イングランドサッカー協会(FA)も「警告が発せられる可能性がある」と伝えており、罰金などの処分を科す可能性があることを示唆している。一時的なルールになるかもしれないが、コロナ禍で次々と新ルールが生まれている。