J2のFC琉球は5日、22歳のDF知念哲矢に新型コロナウイルス陽性反応が検出されたと公表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 知念は29〜31日までのトレーニングに参加。31日にJ2第9節のファジアーノ岡山戦に向け出発。飛行機と貸切のバスを利用したという。2日には岡山から沖縄に帰った。その時も貸切バスと飛行機を利用。3日はオフであった。同日、知念は31日に行われたJリー公式検査で新型コロナ陽性の可能性が高いと判定された。そして、同日18:00頃に微熱があり、頭痛と喉の違和感を自覚したという。

 今後のクラブの対応について、4日に選手・スタッフ全員がPCR検査を受診。判明次第公表されるという。現在はチームトレーニングを休止し、全員自宅待機をしている。なお、知念は頭痛を自覚しているが、発熱の症状はないという。