レスター・シティに所属する24歳のトルコ代表DFチャグラル・ソユンクに関して、バルセロナが獲得を検討しているようだ。6日にトルコメディア『NTV Spor』が報じている。

 同メディアによると、バルセロナが移籍金4000万ユーロ(約50億円)のオファーを準備しているという。取引が成立した場合はソユンクと5年契約を結ぶ見通しで、バルセロナにおいてはGKリュシュテュ・レチベルとMFアルダ・トゥランに続く3人目のトルコ人選手となるようだ。

 2018年8月にフライブルクからレスターへ移籍したソユンク。センターバックとして今季は公式戦42試合に出場し1得点1アシストを記録している。レスターとの契約は2023年6月まで残っているが、果たしてバルセロナへ移籍するのだろうか。