バイエルン・ミュンヘンに所属する31歳のMFハビエル・マルティネスが、アスレティック・ビルバオへ復帰する可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が現地時間11日に報じた。

 2012年にビルバオからバイエルンへ加入したマルティネス。数々のタイトル獲得に貢献してきた32歳は、来年6月でバイエルンとの契約が満了となる。同選手にはビルバオへ復帰する可能性が報じられている。

 同メディアによると、マルティネスの出場時間は限られているが、バイエルンを率いるハンス・フリック監督の来季のオプションとして考えられているという。だが、マルティネスが望めば、移籍を容認する姿勢であるようだ。

 現在、バイエルンはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で準々決勝に残っている。マルティネスはCLに集中し、CL終了後に去就を決定するつもりでいるようだ。

 移籍先候補として報じられているのはビルバオ。しかし、マルティネスには4000万ユーロ(約50億円)の契約解除金が設定されている。新型コロナウイルスの影響を考えれば、少し高めの設定である。果たして、マルティネスはビルバオに復帰することになるのだろうか。