バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝バイエルン・ミュンヘン戦を前に意気込みを語った。英メディア『BBC』などが現地時間13日に報じた。

 CL準々決勝バルセロナ対バイエルンの試合が現地時間14日に行われる。試合前の会見に望んだバルセロナに所属するビダルが、バイエルン戦へ強気の姿勢を見せている。

 ビダルは会見で「僕は最悪なことが起こり得ることを理解しているが、僕らが世界でベストのチームだ。問題は僕らがいつもそれを証明していないことだ」と話し、強気な姿勢が伝わってくる。

 また、バイエルンについてビダルは「バイエルンは自信があるだろう。しかし彼らは明日、ブンデスリーガでは他に強いチームと対戦していないということを知ることになる。彼らはバルサを相手に戦うんだ」とコメントした。

 ビダルの言う通り、バルサは世界一のチームだということを証明することができるのだろうか。