5位:トッテナムに欠かせない韓国代表FW

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを各ポジションで月ごとに作成。今回は9月の1〜5位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)
——————————————-

FW:ソン・フンミン(韓国代表/トッテナム)
生年月日:1992年7月8日(28歳)
9月成績:リーグ戦3試合出場/4得点0アシスト
EL予選2試合出場/1得点2アシスト

 サウサンプトン戦でソン・フンミンは1試合4得点をマークした。トッテナムではFAカップで、レバークーゼン時代にはブンデスリーガでハットトリックを達成したが、4得点はキャリア初の偉業だった。

 9月は公式戦5試合に出場して5得点2アシストの活躍。10月に入っても2試合で3得点2アシストを挙げ、マンチェスター・ユナイテッド戦では6-1の大勝に大きく貢献している。

 特筆すべきは決定力の高さで、12本のシュートで7得点を決めている。ドミニク・キャルバート=ルーウィンと並んで得点ランキングトップに立っており、ここまでは得点王も狙える位置につけている。

<h2>4位:4年連続開幕戦ゴール

FW:モハメド・サラー(エジプト代表/リバプール)
生年月日:1992年6月12日(28歳)
9月成績:リーグ戦3試合出場/3得点0アシスト
FAスーパーカップ1試合出場0得点0アシスト
リーグカップ0試合出場0得点0アシスト

 4シーズン連続の開幕戦ゴールは、テディ・シェリンガム氏以来、プレミアリーグ史上2人目の快挙だった。リバプールはモハメド・サラーのハットトリックにより、リーズとの開幕戦を4-3で競り勝っている。

 1試合平均のキーパス数は、リバプール加入以来最多の3.0を記録している。10月17日のエバートン戦では、クラブ史上3番目の早さで公式戦通算100ゴールを達成。リバプール在籍4シーズン目の今季も傑出したパフォーマンスで存在感を放っている。

<h2>3位:30得点を目指すFW

FW:リシャルリソン(ブラジル代表/エバートン)
生年月日:1997年5月10日(23歳)
9月成績:リーグ戦3試合出場/1得点2アシスト
リーグカップ2試合出場/3得点0アシスト

 トッテナム戦のリシャルリソンは、ハメス・ロドリゲスのパスを受けて幾度となくゴールに迫った。シュート7本、11回のドリブル、6回の被ファウルはいずれも両チーム通じて最多の数字だった。

 9月のエバートンは開幕3連勝で首位に立った。リシャルリソンはウエストブロム戦で2アシスト、クリスタル・パレス戦では決勝点となるPKを成功させている。

 13得点が自己最多のリシャルリソンに対し、「30得点を目指すべき」と言ったのはカルロ・アンチェロッティ監督。エバートンではドミニク・キャルバート=ルーウィンに次ぐシュート数をマークしているだけに、決定力が上がっていけばその数字に近づくことも十分に可能だろう。

<h2>2位:勝負所で決める右ウイング

MF:ジネディーヌ・フェルハト(アルジェリア代表/ニーム)
生年月日:1993年5月1日(27歳)
9月成績:リーグ戦3試合出場/2得点1アシスト

 ニームで背番号10を着けるジネディーヌ・フェルハトは、わずか5試合で昨季のゴール数に並んだ。9月は3試合に出場し、2ゴールを挙げている。

 スタッド・レンヌ戦は2-4で敗れたものの、一時は同点に追いつくゴールを決めた。ランス戦でも87分のゴールで試合を引き分けに持ち込んでいる。

 チームが挙げた9得点の過半数を超える5得点に関与している。フェルハトがここまでの活躍を持続することができれば、2季連続となるリーグ・アン残留も現実的になってくるだろう。

<h2>1位:一瞬の隙を見逃さない男

FW:サディオ・マネ(セネガル代表/リバプール)
生年月日:1992年4月10日(28歳)
9月成績:リーグ戦3試合出場/3得点0アシスト
FAスーパーカップ1試合出場/0得点0アシスト

 チェルシー戦ではクロスを頭で合わせて先制ゴールを奪い、相手GKのパスをカットして2点目のゴールを決めた。アーセナル戦でも相手GKがシュートを弾いたところを詰めて同点に。マネのゴールに対する嗅覚は今季も変わらず鋭く、相手選手は一瞬たりとも油断できない。守備でもハードワークを惜しまず、攻撃では類まれなる身体能力でロングボールの受け皿となる。

 10月2日に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが発表されたが、エバートンとのマージーサイドダービーで復帰。今季はここまで4ゴールを挙げている。

【了】