チームに所属する28歳の韓国代表FWソン・フンミンに対し、トッテナムが5年契約を提示したようだ。23日に英メディア『フットボールインサイダー』が報じている。

 同メディアによると、トッテナムが週給20万ポンド(約2730万円)に加え、パフォーマンスに応じてボーナスが加算される好条件のオファーをソン・フンミンに提示したという。契約期間は5年間で、週給20万ポンドは現在の給与のほぼ2倍に当たるとのこと。

 現在の契約は2023年6月まで残っているため、まだ契約更新を急ぐ状況ではない。しかし、28歳という年齢を考えると、ソン・フンミンにとってはビッグクラブへ移籍する最後のチャンスにもなり得る。ソン・フンミンは今季公式戦8試合で9得点4アシストの活躍を見せており、同選手の獲得を目指すクラブが今後現れる可能性もあるだろう。果たして、ソン・フンミンは契約延長に応じるのだろうか。