【VVV 0-13 アヤックス エールディビジ第6節】

 エールディビジ第6節のVVV対アヤックスは、歴史的な大差がついた。13-0でアウェイのアヤックスが勝利を収めている。

 開始12分、エケレンカンプのゴールで先制したアヤックスは、その後もゴールを量産。19歳のFWラシナ・トラオレが17分、32分とゴールを決めてリードを広げて4-0で折り返すと、後半はさらに一方的な展開になった。

 52分、VVVが退場者を出してアヤックスが数的優位となると、まさにゴールラッシュ。トラオレが合計5得点を決めたほか、途中出場のフンテラールが2ゴールを挙げるなど攻撃陣が暴れ続け、終わってみれば13得点。アヤックスが完勝している。

 報道によると、13-0はエールディビジにおける最多得点差ゲーム。これまでの記録は、1972年のアヤックス対フィテッセで12-1だった。近年では、2010年にPSV対フェイエノールトのビッグマッチで大差がついているが、それでも10-0。今回の13点には及ばない。

 ただし、アヤックスの1試合最多得点記録には届かなかった。アヤックスは1984年にUEFAカップでディフェルダンジュと対戦した際、14-0での勝利を記録している。

 アヤックスはエールディビジ第6節を終えて5勝1敗の暫定首位。この日の13得点を受けて、得失点差は驚異の「+21」となっている。

【得点者】
12分 0-1 エケレンカンプ(アヤックス)
17分 0-2 トラオレ(アヤックス)
32分 0-3 トラオレ(アヤックス)
44分 0-4 タディッチ(アヤックス)
54分 0-5 トラオレ(アヤックス)
55分 0-6 アントニー(アヤックス)
57分 0-7 エケレンカンプ(アヤックス)
59分 0-8 ブリント(アヤックス)
65分 0-9 トラオレ(アヤックス)
74分 0-10 フンテラール(アヤックス)
76分 0-11 フンテラール(アヤックス)
78分 0-12 マルティネス(アヤックス)
87分 0-13 トラオレ(アヤックス)