J2のジェフユナイテッド市原・千葉は3日、鈴木健仁TD(テクニカルダイレクター)がGM(ゼネラルマネージャー)に就任することを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 ジェフ千葉は先月27日、髙橋悠太GMが今季限りで退任することを発表。高橋氏の後任として鈴木TDがGMに就任することになった。

 鈴木氏は2004年~2014年までアルビレックス新潟のスカウト、2015年~2019年までアビスパ福岡の強化部長を担当。今年からジェフ千葉のTDを務めていた。

 鈴木氏はクラブ公式サイトを通して「この度、ジェフユナイテッド市原・千葉のゼネラルマネージャーに就任させていただくことになりました、鈴木健仁です。これまで強化に携わった経験を活かし、強いジェフユナイテッドを取り戻し、皆様に愛されるクラブになれるように真摯に取り組んで参りたいと思います。ファン、サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、地域の皆様、株主の皆様、引き続きのご支援、ご声援をよろしくお願い致します」とコメントしている。