【独占インタビュー】作者・大今良時氏に聞く。FC岐阜とコラボ、異色の作品『聲の形』はどのように生まれたのか?

【独占インタビュー】作者・大今良時氏に聞く。FC岐阜とコラボ、異色の作品『聲の形』はどのように生まれたのか?

18歳で描いた異色の作品

 このほどFC岐阜とコラボレーション・イベントを行うことになった『聲の形』。異色の作品とも言われているのが、この漫画はどのように生まれたのか? 作者である大今良時氏に話を聞いた。

——————————

 FC岐阜が7月12日のホーム試合・横浜FC戦で、週刊少年マガジンに連載されていた漫画『聲(こえ)の形』とコラボレーション・イベントを行うことになった。

 私はFC岐阜から発表されるまで『聲の形』のことを知らなかったのだが、さっそく単行本全7巻を読んでみたところ、これが実に面白い。「面白い」とひと言では片付けられないくらい面白かった。

 ということで『聲の形』の作者・大今良時さんにお話をうかがった。

――『聲の形』が『週刊少年マガジン』の新人賞に入選したということで、通常であれば作品が掲載されるわけですが編集部内でさまざまな議論が起こり、一旦は掲載が見送られましたね。少年誌としてはそれほど異色の作品だったということになるわけですが、描かれたのは大今さんがおいくつのときなんでしょう?

「18歳です。高校を卒業したあと。アルバイトを辞めて車校(自動車教習所)に行きながら……。『聲の形』を描く前に新人賞に応募する別の作品を描いていて、当時の担当さんにファックスでネーム(絵コンテ・漫画の設計図)を見せていたんですよ。その返事待ちのときにネームを描き進めていたのが『聲の形』です」

――新人賞に応募するとき、すでに担当編集者がついていたんですか?

(現在の担当編集者・小見山さん)「『聲の形』の前にもう少し小さな賞を取られていて、それで担当がついていたということです」

――ああ、そういうことなんですね。私、今回はじめて『聲の形』を単行本で読んで、ストーリーやコマ割りなどの緻密さに驚きました。それでネットで検索してみたら年齢が二十代だと。そして新人賞に応募したときにはまだ十代だった、と。ちょっと信じられませんでした。担当さんからのアドバイスもあったということなんですね?

「アドバイスはどんな漫画を描く場合でも沢山もらいます。でも新人賞の『聲の形』に関して言えば、それほど多くはなかったかも。(耳が聴こえないという)専門的な部分に寄っているお話なので、たぶん担当さんも言いづらい感じがあったと思うんですよ。

 ファンタジーとかだったら『もっとこうしたら』とか言われたと思うんですけど。ただ、当時いただいたいくつかのアドバイスは、連載のときにも活かしています。たとえば西宮硝子のモノローグを入れない、気持ちを描かないというのは担当さんから言われたことで、そのとおりだなと思ったのでそのまま活かしています」

「“間違っている主人公”を描いてみたい」

――この作品の大部分は主人公・石田将也の目から見た世界を切り取ったものですけど、主人公を女の子である硝子ではなく、男の子の将也にしたというのはなぜなんでしょう?

「硝子を主人公にするとたぶんつまらないんじゃないかなぁと思って。“間違っている主人公”を描いてみたいという欲望がありまして……」

――間違っている主人公?

「はい。決して正解じゃない主人公というか、正しいことばかりはしない主人公を描きたいという欲望があって、ああいう主人公にしました」

――(小見山さんに)すみません、『週刊少年マガジン』の読者層というのはだいたいどの辺になりますか?

(小見山さん)「一応16歳から18歳までということで高校生が中心ですが、実際にはもっと幅広い層に読んでいただいています」

――なるほど。私は『聲の形』を読みながら「これは子供にわかるんだろうか、それとも子供だからこそわかるんだろうか」と思ったりしながら読みました。ところで連載では高校生になってからの主人公・将也の贖罪の話を描いています。それはずっと大今さんの頭にあったものなんでしょうか?

「『聲の形』連載の前に『マルドゥック・スクランブル』という作品を描かせてもらったんです」

――冲方丁(うぶかた・とう)さんの小説が原作ですね。

「はい。その『マルドゥック・スクランブル』を描いているときのことなんですけど、新人賞に応募した『聲の形』の最初の読み切りが『別冊少年マガジン』に載せてもらえることになったんです。

 それで次回作はどうするかという話になり、もし読み切りで人気が出たら『聲の形』を自分の中で育てよう、人気が取れなかったら別のものを育てようと思っていて、結果的に人気が取れたので『マルドゥック・スクランブル』を描きながらこの子たち(『聲の形』の登場人物)を育てていきました。まだ連載なんて決まっていないのに、そのときから勝手に資料とかを集めていました(笑)」

「もしダメならよそで描こうかなというくらいの感じ」

――新人賞を取ったということで、作品にはそれなりに自信があったんじゃないですか?

「新人賞の応募作として描き終えたときにはすごく達成感がありました。単純にどういう反応があるものなのか興味があって。それで賞を取って、でも載らないよと言われたときは『載らないのかあ。でも、そりゃそうなのかな』と思いましたね」

――「どうして?」とは思いませんでした?

「ネームの段階で『これはもしかしたら載らないかもしれない』と思っていたんです。『これを描くのは最初で最後だよ』と当時の担当さんからも言われていたので。もしダメならよそで描こうかなというくらいの覚悟でいましたね。賞を取って『マルドゥック・スクランブル』を連載するまでに半年くらいの間があったんですけど、その間はすごく自信を喪失していました」

――それはどういう意味で?

「まず、描いていいものとは何かというところからはじまって、評価はされたけど掲載はされないということで、私はどの方向を目指せばいいんだろうと。ちょうどそのころは『別冊少年マガジン』という雑誌を創刊する時で『週マガでできないことをやろう』というコンセプトでいくということから『マルドゥック・スクランブル』の話がきたんですね。

『マルドゥック・スクランブル』は結構際どくて、『週マガ』には合わなさそうな、どちらかというと少年向きではなく青年向きの話で、その仕事をやれば描いていいものと描いちゃいけないものがわかるんだろうなと期待しながら描いていました」

――マス媒体だとどうしてもそういう問題に行き当たったりしますよね。『聲の形』は私にとって、あくまで個人的にということですが、くらもちふさこさんの『糸のきらめき』(1977年『別冊マーガレット』掲載)という作品以来の衝撃だったんですが、『聲の形』はとても反響が大きかったわけですよね。その反響が大今さんに影響を与えたということはないんですか?

「うーん、自信はつきました。内容に影響するようなことは特になかったんですけど、反響によって伸び伸びと描けるようにはなりましたね、気持ち的に。読者の皆さんの感想は、一つひとつ、私自身が共感しながら受け取らせていただきました」

「(感想は)ひとつ残らず全部読みました」」

――漫画に限らず、優れた創作物というのは受け取り手が自分に置き換えて考えてしまうものだと思うんです。読者を当事者にしてしまう。私もやはり『聲の形』を読んで自分のことに置き換えて考えざるを得ませんでした。そういう力のある作品だと思うんです。

「漫画の中ではこういうことが起こったけれど、読者はそれに対してどう思うんだろうということにすごく興味があって、それを聞きたいがために描いていた部分がありました。ですから反響が大きくていろんな感想が寄せられたのはとても嬉しかったです。ひとつ残らず全部読みました」

――作品の中に手話で会話する場面が結構出てきますね。あれを絵にするのは大変だったと思うんですけど大今さんご自身は手話ができるんですか?

「私はほとんどできないんですけど、母ができます」

――ではお母さんに手話をやってもらってそれを絵にしたってこと?

「FaceTimeでつないでiPadの前でやってもらいながらそれを描きました」

――ああ、連載のときにはもう東京に住んでいらっしゃったということですね?

「そうです。新人賞を取ったすぐあとに東京に出てきました。19歳のときですね」

――作品の中には心に残るセリフがたくさんあるんですけど、その中のひとつ、第3巻に主人公・石田将也のモノローグとして「たぶん俺は考え込まないと前に進めない奴なんだ」という言葉が出てきます(157ページ)。大今さんご自身もそういうタイプなんですか?

「そういうタイプですね。人と会話していても『それについてはまだ考えていないので考える時間が欲しい』ということがよくあります(笑)。自分がバカだとわかっているんで慎重な判断をくださないと、と思ってしまうんです。作品でいえば『どうしてこんなことを描いたのか』という問いに対して答えられるようにしておきたいんです」

「絵を描きたくて学校に行かなくなってしまいました」

――大今さんは中学生のころ不登校だった時期があるそうですが、どんな理由があったんですか?

「不登校というか、単にサボっていただけなんです。途中で学校が楽しくなくなってしまったので。それで天秤にかけたんです。学校に行って頭に入らない授業を聞くのがいいのか、家で好きな絵を描くのがいいのかって。

 そのころはたくさん絵を描かなきゃと思っていた時期で、一日に1枚絵を描くというノルマを自分に課していたんです。とにかく絵を描きたくて学校に行かなくなってしまいました。学校よりも絵を取ったということになりますね」

――そういうことは『聲の形』のどこかに反映されていたりしますか?

「たぶん結絃(ゆづる:ヒロインの妹)が近いんじゃないかと思います。結絃は姉を救うということと学校を天秤にかけた結果、学校に行かなくなっていますから」

――作品の中でみんなで映画をつくろうということになりますよね? あれはどうして映画だったんですか?

「映画しか思いつかなかったんです。自然と映画になりました」

――そうですか。どうしてそんなことを訊いたかというと、コマ割りとかストーリーの構成とかがキャリアを考えるととてもテクニカルに感じたんですね。それでこの作者はとても映画が好きな人で、映画の影響を強く受けているんじゃないかと思ったんです。

「作品の中で映画づくりをすることになったのはそれとは関係ないですけど、映画はすごく好きです。漫画を描いているときも煮詰まったりしたときなんかはよく映画を観たりしますし」

「“岐阜の漫画”として愛していただけることはとっても嬉しい」

――何か強く影響を受けた映画作品があったりするんでしょうか?

「影響というか、一番最近の推しは『西遊記』ですね(『西遊記〜はじまりのはじまり〜』2013年公開 チャウ・シンチー監督作品)。最近DVDになりました。観ていると気が引き締まるんです。

 というのは、細かいところまで演出とかのこだわりがすごいんですよ。とても漫画的な映画だと思うんですけど、キャラクター一人ひとりのつくり込みがしっかりしていて、みんなキャラが立っているんです。

 衣裳も凝っていますし、テンポもよくて、エンターテインメントを細かく演出している感じが伝わってきます。漫画を描いていて疲れてきたりなんかするとどうしても登場人物の気持ちが動いていなかったりコマ割りにメリハリがなくなったり、ダルっとしたストーリーになっちゃったりしがちなんですけど、その映画を観ると気持ちが引き締まるんですよね。

『チャウ・シンチーはこんなにも演出を頑張っている。こんなにもストーリーにカタルシスをもたせている。この映画を見習わなければ』って」

――そうなんですか。それじゃ私も観てみます。ところで大今さんご自身はこれまでサッカーとの接点は何かありますか?

「私自身はないんですが、兄がサッカーをやっていました。今回FC岐阜さんからお話をいただいたとき、一番驚いていたのが兄でしたね。『マジかよ!』って(笑)」

――今回はFC岐阜という、大今さんの地元のJクラブとのコラボになるわけですが、それについては何か思われることはありますか?

「『聲の形』を“岐阜の漫画”として愛していただけることはとっても嬉しいです」

――大今さんは大垣のご出身で、作品にも大垣市内の風景があちこちに出てきますものね。12日のコラボ当日にはそういった原画と実際の大垣の写真なんかを並べた展示もあるようですけれど、大今さんはこれまでにJリーグの試合をご覧になられたことはないということで私からひとつお願いがあります。

 サッカーそのものを楽しまれることはもちろんなんですが、ぜひスタンドにいるサポーターと呼ばれている人たちのことも見てください。試合前にはサイン会もやられるようですし、そこでもサポーターとのちょっとしたふれあいがあるでしょうから、ぜひサポーターの人たちの熱を感じとってもらいたいと思います。

「楽しみですね。まったく未知の世界なので」

「いいことも悪いことも岐阜でたくさん学んで吸収できた」

――今回のコラボが発表されてから『聲の形』や大今さんの存在を知らなかったサポーターが結構コミックスを購入して読んでいるようなんですが、最後にそういう方たちに向けて何かメッセージをいただけませんか?

「10代の頃、いいことも悪いことも岐阜でたくさん学んで吸収できたおかげで漫画を描くことができたと思います。岐阜が私を育ててくれました。本当にありがとうございます」

 文字にすると大今さんがよどみなくしゃべっているように感じられるかもしれないが、実際はそうではなく、ひとつひとつの質問に対して自分の心の中を慎重に両手で探るように言葉をさがして答えてくれた。それは『聲の形』の西宮硝子のようにも見えたし、主人公の石田将也にも通じるところがあるようにも感じた。

 7月12日、大今さんはスタジアムで何を見て何を感じ取るのか。繊細で精緻なガラス細工のような心にスタジアムの熱が加わるとどうなるものなのか。今からとても楽しみである。

 今回のFC岐阜が行うコラボは『聲の形』を軸にしたマルチなものとなっている。それは単に『聲の形』の人気に便乗しようとするものではなく、楽しみながら社会貢献の意味合いを含んだものとなるだろう。そのことはFC岐阜がホームタウンの人たちにとって「なくてはならない存在」となる大きな道しるべとなるのではないかと思う。

 この試みがFC岐阜ファンにとって、また『聲の形』ファンにとって、そしてJリーグそのものにとって、この先意義深いものとなるよう願ってやまない。

<プロフィール>
大今良時(おおいま・よしとき)
1989年年3月15日生まれ。岐阜県大垣市出身の漫画家。『聲の形』で『週刊少年マガジン』第80回新人漫画賞に入選。2009年『マルドゥック・スクランブル』(原作・冲方丁、全7巻)で連載デビュー。2013年より『週刊少年マガジン』にて新人賞受賞作のその後を描く形で『聲の形』の連載を開始。2014年の連載終了と同時にアニメ化を発表。2014年コミックナタリー大賞1位を受賞。「このマンガがすごい! 2015」オトコ編第1位。第19回手塚治虫文化賞新生賞受賞。

7月12日(日)に長良川競技場で行われるFC岐阜対横浜FC戦(18:00キックオフ)では『聲の形』とのコラボマッチが開催され、作者・大今良時さんによるスタジアムサイン会や原画展、この日スタジアムでしか手に入らない『聲の形』×FC岐阜のコラボグッズ数種類が販売される。また、当日はろう者によるデフフットサル女子日本代表選手が来場しての激励会、活動支援ブースの設営等も予定されている。

詳しくはFC岐阜オフィシャル・ホームページで(http://www.fc-gifu.com/information/9215)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る