テスラ、21世紀フォックスCEOらを新取締役に任命

テスラ、21世紀フォックスCEOらを新取締役に任命

テスラは取締役会に新たに2名を迎え入れた。出版社のジョンソン・パブリッシング(JPC)のトップを務めるリンダ・ジョンソン・ライスと21世紀フォックスCEOのジェームズ・マードックらが役員に加わる。

テスラにはここ一年、役員会メンバーの多様性を欠いているとの批判を受けており、著名な黒人女性エグゼクティブであるジョンソン・ライスらの起用には、その批判を交わす狙いもありそうだ。

ジョンソン・ライスが運営する出版社JPCは、アフリカ系アメリカ人向けの雑誌「エボニー」の発行元。1945年創刊のエボニーは表紙に毎号、著名な黒人政治家やセレブリティを起用し、かつてはバラク・オバマ元米国大統領も登場した。ジョンソン・ライスは国立アフリカン・アメリカン歴史文化博物館のボードメンバーも務めている。

今回の2名の新取締役の任命は、株主らからの要請を受けてのものだ。2016年6月に当時、20万株のテスラ株を保有していたCtW Investment Group はロイターの取材で「テスラの役員会は多様性を欠いており、改善が必要だ」と述べていた。報道によるとCtWは労働組合系の年金基金の運用を手がけているという。

その後、今年の4月12日になって、イーロン・マスクはCtW側に反論するツイートを掲載。「この投資集団はフォードの株を買うべきだ。フォードの社内統治は素晴らしい」と、2016年6月28日のロイターの記事のリンクを添えて投稿していた。

役員会にジェームズ・マードックを迎えることにより、テスラは巨大メディア帝国である21世紀フォックスとのつながりを持つことになる。ジェームズの父親はルパート・マードックだ。

テスラは7月30日に価格3万5000ドルの新型車両「Model 3」の納車を開始する。また、8月2日には今年第二四半期の決算発表を控えている。

Alan Ohnsman

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索