Firefox開発元がファイル転送サービス始動 無料で暗号化送信に対応

Firefox開発元がファイル転送サービス始動 無料で暗号化送信に対応

ウェブブラウザ「Firefox」の開発元として知られるMozilla(モジラ)が、全く新しい領域に乗り出した。会員登録やアプリのダウンロード無しで、ブラウザからすぐに使えるファイル転送サービスの「Send」だ。

Sendのサイトにアクセスすれば最大1ギガバイトのファイルをドロップし、共有のためのURLが作成できる。ユーザーはリンクを共有したい相手にメールやメッセージで送るだけで、ファイルをシェアすることが可能だ。ファイルの受け手は、リンクをクリックするだけでファイルをダウンロードできる。

Sendはセキュリティにも配慮し、アップロードするファイルは全て暗号化処理が行われる。暗号は受け手がファイルをダウンロードするまで解除されず、運営元のMozillaにもファイルの中身は確認できないという。また、ダウンロードは1回のみに限定されており、第三者がファイルを入手することは不可能だ。

さらに、作成したリンクは24時間限定で有効で、その間にダウンロードされなかった場合、データはMozillaのサーバから削除される。また、間違ってアップロードしたデータを即座に消すことも可能だ。

このサービスを利用するにあたり、ユーザーはFirefoxのブラウザを使用する必要はない。専用サイト(https://send.firefox.com/)にアクセスするだけで利用可能で、グーグルのクロームやアップルのサファリからでも利用できる。筆者はオペラでも試してみたが、問題なく動作することが確認できた。

Sendは現在テスト版として運用されており、将来的にはFirefoxのブラウザに組み込まれる可能性もあるという。

Lee Mathews

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索