コミュニケーションは女性の方が得意、SNSでも同じ傾向

コミュニケーションは女性の方が得意、SNSでも同じ傾向

フェイスブックをはじめとするソーシャルネットワークサービス(SNS)の米国内の利用者を男女別に見ると、大半において女性ユーザーの合が大きくなっていることが分かった。

調査機関ピュー・リサーチ・センターが昨年実施した調査によると、インターネット利用者の中で主なSNS各社を利用している人うち、その男女比は以下のようになっている。

・フェイスブック: 女性─83%、男性─75%
・ピンタレスト: 女性─45%、男性─17%
・インスタグラム:女性─38%、男性─26%
・ツイッター:女性─25%、男性─24%

また、ビジネスニュースサイトのビジネス・インサイダーによれば、スナップチャットのユーザーは70%が女性だという。

友人や隣人、家族、地域社会などのオフラインの世界で従来、社会的なコミュニケーションの中心的な役割を果たしてきたのは女性たちだ。その役割がそのままオンラインに移行したとしても、驚くことではない。

女性消費者をターゲットとする企業向けの戦略コンサルティング会社、米フィーメイル・ファクター(Female Factor)はこうした調査結果を基に、顧客としての女性たちの心をつかむために重要なのは、以下の3つの点だと指摘している。

1. 知識は「社会的通貨」

「女性の文化」においては、製品やサービスに関する議論が積極的に行われる。多くの場合、これは女性たちが自らの世帯において「最高購買責任者」の役割を担っていることが理由だ。多くの女性たちが、自分が家族や友人、同僚たちに有用な情報を提供する存在であると自負している。

こうしたことから考えると、身近な人たちに伝えたいと思うような十分な説得力のある情報(製品・サービスの本質を見抜く力になる情報やヒント、信頼構築の手段となるもの)を、女性たちに提供することが大切だ。女性は趣味や好き嫌いが似た人たちと親しくなる傾向がある。

2. 行動を促すのは「感情」

SNS上では特に、エンゲージメントを高めるのは感情だ。コテンツを作成するときに重要なのは、女性たちのどのような感情を引き出したいのか、ブランドやその製品の購入は感情に基づいたものになっているか、といった点を確認することだ。

3. ビジュアルの影響力

動画の中で表現される動きはたとえ音を消していても、通りがかった人の足を止める力がある。文字があふれるインターネットの世界で、私たちの目を引きやすいのは画像だ。

Bridget Brennan

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索