ウィンブルドンとイギリスのゴルフ史

ウィンブルドンとイギリスのゴルフ史

テニスの四大大会の開催地として、世界的に名前が知れ渡っているウィンブルドン。19世紀中頃、この高級住宅街へ移住してきたスコットランド人からゴルフの文化が伝えられ、3つのゴルフ・クラブが誕生した。

イギリスのゴルフ史に残る、偉大なゴルフ場の魅力とは。

ゴールドマン・サックスを辞めてプータローをしていた頃のことだ。ロンドンを訪れた際、興銀時代からの旧知の先輩ご夫妻と食事をした。さらに夫妻がロンドン郊外のパットニーにお住まいということで、最寄りのウィンブルドン・コモン・ゴルフ・クラブでプレイすることになった。

私は1970年代、ウィンブルドン郊外のニューモルデンという街に住んでいた。毎日バスでウィンブルドン駅から通学していたこともあり、格別の思い出がある。また、イギリスにおけるゴルフの発展の歴史に残る偉大なゴルフ場であり、早くプレイしたいと思い続けていた。ようやく夢が実現したので興奮し、喜び勇んで駆けつけた。

19世紀半ばまで、ゴルフはスコットランド人のものであり、イギリス人はほとんどやらなかった。英語では「it is Scottish affair」と言うくらいである。

世界的テニストーナメントで名前が知れ渡っているウィンブルドンには、素晴らしい高級住宅街がある。19世紀中頃には、ロンドンの発展とともにいろいろな人たちが移住してきた。ここに移り住んだスコットランド人たちは、ロンドン・スコティッシュ・ライフル・ボランティアというクラブを結成し、広大なウィンブルドン・コモンで狩猟をやっていた。

1864年11月の理事会で、同じ場所でゴルフをやろうと決まり、翌年、ロンドン・スコティッシュ・ゴルフ・クラブが創立された。最初は軍人だけのクラブだったが、だんだんと地元市民メンバーが増え、とうとう市民250名に対して軍人50名となった。しかし軍人が威張っていたうえ、メンバーシップフィーなども不公平であり(もちろん市民のほうが高い)、軍人であり拒否権を持つ理事長がありとあらゆる市民からの提案を拒否し続けた結果、81年に分裂してしまった。

当初はお互いに「自分たちこそが正統なロンドン・スコティッシュ・ゴルフ・クラブの継承者だ」と主張しあったものの、そこはさすが、イギリス。両方のクラブのメンバーだという匿名の人物から「もともと我々はスコットランドにゆかりはなく、ウィンブルドンの市民だ。無駄な争いは一刻も早くやめよう」という投書があり、市民側が軍人側へ歩み寄った。

結局、軍人側がロンドン・スコティッシュ・ゴルフ・クラブ、市民側がウィンブルドン・ゴルフ・クラブという名前に落ち着き、2つのクラブは、同じコースを使う形で再出発した。またウィンブルドン・ゴルフ・クラブは、ウェールズ公(のちのエドワード7世)にパトロンについてもらい、ロイヤルの称号を得て、現在に続く名門となった。

71年に法律が変わり、それまでスペンサー伯が管理していたウィンブルドン・コモンは、納税者の選んだ管理委員会に委ねられることになった。「コモン」はもともと市民の共有地という意味だ。乳母車を押す母親からクリケットで遊ぶ子ども、散歩に来る老人まで、広く市民に人気を博した。ゴルフ人気もうなぎのぼりで、コモンの混雑ぶりは看過できない状態になった。

そこへ、ウィンブルドン・タウン・ゴルフ・クラブという新しいクラブもできた。ゴルファーの打ったボールが一般人に当たるなど、深刻な被害も増え、ゴルフ批判が高まった。一般市民を守るため、ゴルファーは遠くからでも目立つようにと赤い上着の着用を義務づけられたのが92年である。

その後も、7ホールだったコースを18ホールへ拡大していったものの、混雑は悪化する一方だった。私の師匠である大塚和徳先生によると、1907年には1日平均164ラウンドだったというから、いかに混んでいたか容易に想像がつく。


筆者が最近散策したアメリカのボストン・コモン。本場ウィンブルドンとは比べられないが、その素晴らしさは格別である。

07年、ロイヤル・ウィンブルドンは、コモンの中でも住宅街から離れた農場の一画へ移転した。新しい18ホールを設計したのは、全英オープンを2回制覇していた、マッセルバーグ出身のウィリー・パーク・ジュニアである。以前ご紹介したサニングデール・ゴルフ・クラブのオールド・コースなど、いくつも名コースを残した設計家だ。しかし、クラブ委員が運営に口を挟みすぎて、彼の意図とはまったく違う酷いコースとなってしまった。

そこで19年に当時のキャプテンであるスティーブン・フェアバーンがポケットマネーをはたいて、これまた史上最高のゴルフ設計家、ハリー・コルトにコースの改造を依頼。24年に、美しい森に囲まれた現在のロイヤル・ウィンブルドンの形が整えられた。

ウィンブルドンだけでこれだけの話題があるとは、イングランドのゴルフも相当深い。ファンにはたまらない魅力であろう!


ウィンブルドン・コモンでプレイする筆者。イギリスのゴルフ史に残る偉大なゴルフ場だ。

こいずみ・やすろう◎FiNC 代表取締役CSO/CFO。東京大学経済学部卒。日本興業銀行、ゴールドマン・サックスで計28年活躍。現役中から、インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢・発起人、TABLE FOR TWO Internationalのアドバイザーなど社会貢献活動にも参加。お金のデザイン社外取締役、WHILL、FC今治のアドバイザー。

Forbes JAPAN 編集部

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索