資産の半分以上を寄付する「ギビングプレッジ富豪」20人

資産の半分以上を寄付する「ギビングプレッジ富豪」20人

ザッカーバーグ、イーロン・マスク、マーク・ベニオフ…… 資産の半分以上を寄付すると「宣誓」した、大富豪たちの寄付先は?

「ギビングプレッジ」は、2010年にビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが立ち上げた寄付啓蒙活動。呼びかけに応えた世界の大富豪が、「総資産の半分以上を慈善事業に寄付する」ことを、公式ウェブサイト上で宣誓する。

世界の寄付を牽引するとともに、死後でなく人生の早い段階から寄付を始めることで、寄付金の使い道や結果に関与できる仕組みでもある。現在の賛同者は、33歳から101歳の169人。うち、とくに影響力の大きい20人を選び、彼らの寄付金の行方を追った。

寄付先や額などは、「Chronicle of Philanthropy」および「Inside Philanthropy」のデータベースを用いた。匿名も多く、寄付先の網羅は難しいが、これらのデータは、主に寄付先への取材に基づく。以下、資産が多い順に20人を紹介する。

1. ビル&メリンダ・ゲイツ
マイクロソフト共同創業者&妻。資産885億ドル。ゲイツ財団は資産400億ドル超、世界最大の慈善基金財団。

寄付分野:医療、貧困、教育
寄付先:GAVI Alliance(ワクチン支援:15億ドル)、United Negro College Fund, Inc.(奨学金:15億ドル)、Alliance for a Green Revolution in Africa(アフリカ農業支援)

2. ウォーレン・バフェット(86)
投資会社バークシャー・ハサウェイCEO。資産742億ドル。2006年、300億ドルをゲイツ財団に寄付すると宣言。

寄付分野:教育、保健、経済発展、核、子ども
寄付先:Bill & Melinda Gates Foundation(300億ドル)、一族の財団[Susan Thompson(教育)、Howard G. Buffett(飢餓)、NoVo(女性)、Sherwood(子ども)

バフェットの寄付は”ハンズオフ”型。信頼できる人物に、富を一元信託する。バフェットは資産の99%を寄付すると宣言しており、83%はゲイツ財団へ、残りは一族のもつ4つの財団へ投じる。ゲイツ財団への寄付は、自社株1000万株のうち年5%ずつの譲渡を基本とするが、バフェットのいつもの投資スタイルと同じく、譲渡額はゲイツ財団の”前年度のパフォーマンス”に応じて変動する契約だ。

3. マーク・ザッカーバーグ(33)&プリシラ チャン
フェイスブック創業者とその妻。資産633億ドル。自身の財団にフェイスブック株の99%(450億ドル)を寄付すると宣言。

寄付分野:教育、医療、エネルギー
寄付先:Biohub(疾病予防・治療の基礎研究:6億ドル)、Breakthrough Energy Coalition(クリーンエネルギーファンド)、Andela(アフリカにおけるエンジニア育成)

2015年の女児誕生を契機に、自社株の99%を寄付すると宣言。ChanZuckerberg Initiativeを通し、教育、医療などに長期投資を行う。同団体はLLCであり、拠出先は非営利組織に限定されない。インパクト投資を含めた幅広い取り組みが行われている。

4. ラリー・エリソン(72)
オラクル共同創業者。資産558億ドル。母や共同創業者がガンで死去したため、老化・医療分野に最も力を注ぐ。
寄付分野:医療(老化)、野生動物、教育

寄付先:Ellison Medical Foundation(老化・がん研究)、The Lawrence Ellison Foundation(野生動物・環境)、University of Southern California

5. マイケル・ブルームバーグ(75)
通信会社ブルームバーグ創業者・現CEO、元ニューヨーク市長。資産498億ドル。最大の寄付先は母校ジョンズ・ホプキンズ。

寄付分野:教育、健康、環境 
寄付先:ジョンズ・ホプキンズ大学(10億ドル)、C40 Cities Climate Leadership Group(地球温暖化)、Bloombergs Arts Advancement Initiative(NY市アート)

6. ポール・アレン(64)
マイクロソフト社共同創業者。資産201億ドル。主に北米太平洋岸エリアへの寄付活動で知られる(寄付額の70%)。

寄付分野:北米西岸の医療、教育、文化
寄付先:Allen Institute for Brain Science(脳研究)、Washington State University(IT支援)、EMP(シアトルの音楽&SF博物館)

7. アジム・プレムジ(71)
インドのIT王者。ウィプロ創業者。資産167億ドル。「インドの初等教育の一般化」のため20億ドルの自社株を寄付に。

寄付分野:インドの初等教育
寄付先:Azim Premji University(インドに大学設立)The Aangan Trust(インドの女児保護)Railway Children(ストリートチルドレン支援)

8. イーロン・マスク(45)
ペイパル、テスラ、スペースXの創業者。資産159億ドル。

寄付分野:新/再生エネルギー、宇宙、小児医療、科学教育
寄付先:Give Power Foundation(再エネによる途上国支援)、X-Prize Foundation(新規分野のコンペ主催)、Future of Life Institute(AIの脅威研究)

イーロンの寄付理念は、その簡素すぎる財団ウェブサイトからも明確だ。対象は、より明確に未来を変革しうる”技術”。コンペによるインセンティブで世界の知を集結し、新規分野の開発や社会問題の解決に挑むXPRIZEへの寄付はまさにイーロン的。

9. ウラジーミル・ポターニン(56)
鉱業、金属などのコングロマリット「インターロス」創業者。資産131億ドル。ロシア1人目のGivingPredge宣誓者。

寄付分野:教育、芸術
寄付先:主にロシア国内にて、奨学金制度、オリンピック選手養成、科学技術研究支援、寄付文化教育など。

10. ハッソ・プラットナー(73)
企業向けソフト大手「SAP」共同創業者。資産126億ドル。スタンフォードのDスクール設立など高等教育に注力。

寄付分野:高等教育、AIDS、エネルギー
寄付先:Hasso Plattner Institute(ベルリンに工科大を設立)、Hasso Plattner Institute of Design at Stanford University Isombululo(アフリカのHIV啓発)

11. ゴードン(88)&ベティ・ムー
インテル創業者とその妻。資産73億ドル。Gordon and Betty Moore Foundationは資産64億ドルでUS最大級。

寄付分野:環境 、医療(患者ケア)、科学
寄付先:University of California, Davis(看護学部)Oceans and Seafood Markets Collaboration(海洋保護)

12. ジョージ・ルーカス(73)&メロディ・ホブソン
夫:映画監督。資産52億ドル。妻:投資顧問会社アリエル・インベストメンツ創業者。

寄付分野:教育、芸術、保健
寄付先:Michigan State University、Stanford University Lucas Cultural Arts Museum(博物館:建設中)

13. リン&マーク(52)・ベニオフ
セールスフォース・ドットコム創業者とその妻。資産44億ドル。カンパニー・フィランソロピーの旗手。

寄付分野:子どもの医療・教育・貧困支援
寄付先:UCSF Benioff Childrens Hospital(小児病院設立)、Childrens Hospital & Research Center Foundation(小児病院支援)

公益資本主義モデルの立役者の一人。1999年のセールスフォース創業当初から「1-1-1モデル(製品、株式、就業時間の1%を社会貢献に)」を定め、徹底。後に世界550社が追随した。地域の小児病院のほか、さまざまな非営利団体に寄付を行う。

14. マイケル・モリッツ(63)&ハリエット・ヘイマン
夫:米セコイア・キャピタルのチェアマンでグーグルの前取締役。元タイム誌の記者。妻:作家。資産36億ドル。

寄付分野:高等教育
寄付先:オックスフォード大学(母校:5億ドル)、シカゴ大学(5000万ドル)

15. デイヴィッド・ロックフェラー(101)
今年3月に101歳で死去。富豪一族の第3代当主、JPモルガン・チェースの元CEO。資産33億ドル。

寄付分野:教育、芸術、保健
寄付先:Rockefeller University(1.6億ドル)、MoMA(美術館:1億ドル)、Rockefeller Brothers Fund(保健・飢餓:2億ドル)

生涯寄付額は20億ドル超、ロックフェラー家の3代目当主。NY近代美術館(MoMA)、ロックフェラー大学やなどに多額の寄付を行った。死去に伴い、6億ドルがさまざまな組織に寄付される。半分ほどは世界開発の分野に分配される見込み。

16. テッド・ターナー(78)
CNN創業者。資産23億ドル。米国最大のフィランソロピストのひとり。国連など国際機関への多額の寄付でも有名。

寄付分野:環境、人道、女性の権利
寄付先:UN Foundation(国連基金:10億ドル)、League of Conservation Voters(自然保護:0.1億ドル)、Nuclear Threat Initiative(核脅威研究)

地球環境を守るために山を買う……突拍子もない? ターナーは全米に8000キロ平行メートル(東京都の4倍)をもつ米国屈指の大地主。多くは農地だが、曰く「個人所有でこそ恒久的に自然を残せる」。コロラドで、モンタナで、手付かずの山野が緑をなしている。

17. サニー(60)&シェリー・バーキー
インド生まれ、ドバイ拠点の教育事業ジェムズ創業者とその妻。資産21億ドル。”教育界のノーベル賞”主催など。

寄付分野:教育
寄付先:Pro.Svit(ウクライナの教員育成組織)、Teach For Ghana(ガーナの初等教育支援)、Jusoor Syria(シリアの初等教育支援)

18. ハムディ・ウルカヤ(44)
2007年創業のヨーグルトベンチャー「チョバーニ」CEO。資産17億ドル。難民支援に注力。

寄付分野:難民支援、医療、起業
寄付先:Tent Foundation(難民支援)、Global Enrichment Foundation(ソマリア教育支援)

チョバーニは2005年の設立から6年足らずでダノンを抜いた米国最大のヨーグルトブランド。同氏はクルド系トルコ人としてトルコに生まれ、米NYで起業。トルコに逃れたシリア難民の支援を皮切りに、各難民問題に同社利益の10%を投じている。

19. デイブ・ゴールドバーグ&シェリル・サンドバーグ(47)
夫:故人。妻:フェイスブックCOO。資産16億ドル。著書のタイトル名と同じ非営利組織Lean in、OptionBを創設。

寄付分野:女性、グローバルヘルス
寄付先:Lean in(女性支援)、OptionB(悲しみを乗り越えるための支援)、Second Harvest Food Bank(食料難支援)

20. 牛 根生(ニュ・ゲンシェン)(59)
中国最大の牛乳メーカー「蒙牛乳業」創業者。資産5億ドル。中国本土1人目のギビング・プレッジメンバー。自社株すべて(6億ドル)を自身の財団に寄付すると宣言。

寄付分野:主に中国国内の教育、医療、環境保護
寄付先:故郷・内モンゴル拠点の自身の財団を通じ、中国国内の教育、医療、環境保護、貧困撲滅などに注力。

Forbes JAPAN 編集部

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索