山田孝之はなぜ、「俳優以外」のことに挑戦するのか?

山田孝之はなぜ、「俳優以外」のことに挑戦するのか?

「何がやりたいのかって言われると難しいんですけど……(笑)。単純になんか面白いことを考えて、それを形にするのが好きなんですよね」

俳優志望者を支援するプラットフォームの運営協力、トランスコスモスと共同でライブコマースサイト運営会社の設立および取締役CIO(チーフ・イノベーション・オフィサー)への就任。 ”俳優”の枠を超え、幅広く活動している、山田孝之。

俳優業にとどまらず、なぜ、様々なことに挑戦するのか。その理由について彼に尋ねると、冒頭のように述べ、さらにこう続けた。

「この前、目黒のこじんまりとした居酒屋で飲んでたときの話なんですけど、隣に座っていた大手保険会社の営業マンを見て、自然と『何かコラボレーションできないかな』ってアイデアを考え始めちゃうんですよね。これがすごく楽しい」

そんな飲み屋で考えるアイデアが形となり、世の中に公開された。2017年8月24日、山田孝之は腕時計ブランド「BRILLAMICO」の元社長である山口友敬と共同でFORIEDGE(フォリエッジ)を設立。同日、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で”傾奇者PROJECT”を始動し、第1弾プロジェクトとして、江戸ガラス製のグラスをプロデュースすることを発表した。

「感性を言語化できる」という強み

「宝石をカッティングした後に生まれる残りカスをどうにかしたいけど、勿体なくてどうにもできない。そんな話を昨年頃、友人から聞き、何か良い方法はないかな、と。そんなとき、共通の友人の紹介で山口さんと出会ったんです」

山口は2015年に腕時計ブランド「BRILLAMICO」を立ち上げ、発売から1年で1億円を超える利益を創出。そのタイミングで会社を売却し、次の挑戦を考えているところだった。

「山口さんが身につけている腕時計を見たら、すごいキラキラしていて(笑)。これは何かできるんじゃないかと思い、頭の中にある考えを話してみることにしました」

そんな山田の話を聞き、山口は共同で会社を立ち上げ、プロジェクト化することを決意する。その決断に至った理由を、こう振り返った。



「僕自身、漠然と『ガラスで何かやりたい』という考えがあったのもそうですが、話を聞いてみて、山田さんはすごく経営者脳を持っていて感性を言語化するのがうまかった。そこに刺激を受けました。この人とだったら、一緒にやりたいと思えたんです」

そこから、2人の間で「あれはどう?」「これはどう?」と何度も議論を重ね、決まったアイデアが「宝石の残りカスが散りばめられたガラス」だった。しかし、すべてがとんとん拍子で進むわけもなく……。

山口は「工場探しからスタートし、電話をかけては断られて……。その繰り返しの中、ようやく協力してくれる工場が見つかり、商品の説明をしてみたのですが、『そのアイデアは無理だ』と。いま考えれば当たり前なんですけど、そもそもガラスと宝石の融点が違う。けっこう時間がかかりそうだったので、違うものから始めることにしたんです」と語り、再度、アイデアを練り直すことに。その過程で生まれたのが、江戸ガラスを使った製品開発だった。2人は製品化に向けて奔走する。

バーでお酒を飲みながら、山田が「こういうものを作りたい」「こういう風にしたい」と言い、山口がそれを工場の職人に伝え、形にしていく。途中、何度か職人側から、「それはできない」と言われる場面もあったという。

ただし、山田は「相手も職人なので、多少、無茶なことを言った方が燃えるんじゃないかという思いもあり、こだわる部分はこだわりました」と語り、グラスの土台に関してはいくつかパターンをつくってもらい、なるべく平で広くなるように工夫したそうだ。

同様に山口も「江戸ガラスをいかに日常的に使用できるか。デザインはすごくこだわりました」と語り、開発の目処がたった2017年8月、「Makuake」でプロジェクトがスタートした。

r
江戸ガラスを使ったグラスは9月26日〜10月31日まで、伊勢丹新宿本店2階 Makuakeプロジェクト常設スペースに展示される。

興味を持ったことはなんでもやりたい

俳優業と経営者。なぜ、山田孝之は二足のわらじを履き、複数の領域で挑戦を続けているのだろうか。

「僕の中では俳優業も会社の経営も同じものだと思っていて。俳優はオファーをもらったら役作りをした後、現場で芝居をして、最終的に世の中に公開して反応を得る。今回の製品開発も流れは一緒。だから、違うことをやっている感覚はあまりないんです」

また、山田はこう続ける。

「『本業はこれだ』と決めつける必要は全くなくて。やりたいと思ったことは何でも挑戦してみればいいと思う。例えば、ドイツ代表の元サッカー選手、オリバー・カーンはキーパーとして活躍する傍ら、株式売買に詳しく投資活動を積極的に行っていたみたいなんです。日本だと『株なんかやらずに練習しろ』と言われそうですが、僕は純粋に素晴らしいな、と思いました。できることがあるなら、制限かけずに全部やればいいんですよ」

誰もがやりたいことに挑戦できるように──そうした山田の思いもあって、今回、自分のアイデアを形にできるクラウドファンディングサイト「Makuake」が活用されている。

「初めての挑戦は基本的にうまくいかないもの。それにもかかわらず、失敗を恐れて一歩を踏み出せない人が多い。僕がクラウドファンディングを活用することで、挑戦するためのひとつの手段としてクラウドファンディングを広めていきたいですし、挑戦のハードルを少しでも低くすることができれば、と思っています」と山田は語る。

今後、FORIEDGEは日常にはない「違和感」を軸に、さまざまな商品の開発を行っていく予定だという。

null

新國 翔大

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索