いま、改めて考える「ボルドーワイン」の魅力

いま、改めて考える「ボルドーワイン」の魅力

ボルドーワインは、ブルゴーニュワインと並び、世界に数あるワインの中でも一番の知名度と歴史を誇る。

ボルドーワインを買うときは、ヴィンテージ(生産年)に注目してみたい。ボルドー地方は、温暖な海洋性気候。大西洋に近く、比較的雨がよく降る。ブドウの生産量や質が天候に左右され、年ごとのバリエーションが大きい。そのため、同じ銘柄のワインでも、ヴィンテージによって値段に差が出る。

トップクラスのボルドーワインは、長期にわたり熟成する。特に、よいヴィンテージのワインは、そのポテンシャルを十分に発揮するまでに時間がかかる。逆に言うと、若い時に開けても、その魅力を出しきれていなかったり、固すぎて飲みづらいこともある。

1920年代、1940年代、1950年代、1960年代、1970年代のボルドーワインを試飲したことがあるが、長期間熟成したことにより角が取れてまろやかになった口当たりに、複雑なアロマ・フレーバーが織りなす素晴らしいワインで、忘れられない体験だった。

専門家が言う「最適な飲み頃」はあるものの、ワインの好みは人それぞれ。枯れた果実、森の下草やキノコといった特徴が目立つ古いワインを好む人もいれば、フレッシュな果実が前面に出た若々しいワインを好む人もいる。

最近だと2009年、2010年、2015年、2016年のワインがよい出来だとされる。ただ、よいヴィンテージのトップクラスのボルドーワインは価格が高騰するのも事実だ。よいヴィンテージのワインを探すのも一手だが、標準的な年や難しい年の良質な作り手のワインは、お得感がある上、早くから楽しめる場合もある。

また、シャトー(生産者)によっては、そのシャトーの最高品質のワインから作ったファーストラベルのほかに、セカンド、サードラベルのワインを生産している場合がある。セカンドやサードラベルのワインは、ファーストラベルほどの複雑性や長期熟成の可能性はないものの、より手ごろなお値段で購入でき、早いうちから飲み頃を迎えるなど、違った楽しみ方ができる。


シャトー・ラトゥールでの試飲:右がファーストラベル、中央がセカンドラベル、左がサードラベル。(2017年10月撮影)

ボルドーのワイン産地は、広い地域にわたり、フランスのAOC(原産地呼称統制)ワイン生産量で第1位。広大な地域ゆえ、地勢や土壌は一様ではない。特に、ボルドー地方に流れる河川が、より細かい地勢と気候、土壌を形成し、それぞれの場所の特徴に合ったブドウ品種が植えられている。

ボルドーの赤ワインは、カベルネ・ソービニョン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド等のブドウ品種から作られている。大まかにいうと、砂利質の温かい土壌のジロンド川の左岸には、カベルネ・ソービニョンが多く植えられ、粘土質の冷たい土壌が広がる右岸には、メルローが植えられている。白ワインは、ソービニョン・ブランとセミニョン品種が主体。


シャトー・マルゴー。ボルドーのワイナリーは、「シャトー」(フランス語で「お城、大邸宅」の意味)の名のとおり、豪華なお屋敷が敷地内にある。

ボルドー以外の産地でも、カベルネやメルロー主体の赤ワインが「ボルドーブレンド」と呼ばれるように、ブレンドしてワインを作るのもボルドーワインの特徴だ。複数のブドウ品種、畑の区画、ワインの醸造方法など、様々なタイプのワインを配合して一つのワインを作る。

まずはブドウ品種。たとえば、赤ワインの主要品種のカベルネ・ソービニョンとメルロー。タンニンがあり骨格がしっかりした、黒系果実が特徴のカベルネ・ソービニョンと、柔らかくまろやかな口当たりで赤系果実が特徴のメルローは、お互いを補完しあう。また、ブドウが成熟するのに時間がかかるカベルネ・ソービニョンは、収穫前の秋雨にさらされるリスクがある。これに対し、メルローは早く熟し、収穫も早い。カベルネ・ソービニョンの収穫が難しい年に、それを補うことができるなど、実利的な理由もある。

トップ生産者は、別々の容器で醸造した何種類ものワインをブレンドして、最終的なワインの味わいを決める。ブドウの品種、さらに畑の区画ごとにブドウを収穫し、その年の出来と個性を考え、最適な配合を決めるのだ。ワインを熟成させる木樽にも、様々な種類がある。木の産地や種類、樽生産者、樽の焼き具合(トーストレベル)、樽の使用年数などにより、ワインに与える風味が変わってくる。こだわっている作り手は、様々な種類の樽を使い分け、それらをブレンドし、最終的な味わいに複雑さを出す。

一方で、機械化されたプロセスで、なるべく手をかけずに生産されるワインもある。ボルドーワインは、全体の生産量が多い分、価格や品質に大きな幅があるのだ。実際、「シャトー・マルゴー」などの第1級格付けワインは、全体の生産量のごく一部だ。

お手頃な価格で良質なワインもたくさんある。最近では、ボルドーワインのプロモーション団体である「ボルドーワイン委員会」が、1本、千円台から4千円以下の価格帯の「バリューボルドー」を勧めている。味わいと価格のバランスが取れた、こういったボルドーワインを味わってみるのもよいかもしれない。

参考:ボルドーワイン委員会によるバリューボルドー100本
(https://www.bordeaux-wines.jp/value-bordeaux/2017/list/)

島 悠里の「ブドウ一粒に込められた思い〜グローバル・ワイン講座」
連載記事一覧はこちら>>

島 悠里

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索