ワインと美女では動かない若手世代を着火させる方法|IT評論家 尾原和啓

ワインと美女では動かない若手世代を着火させる方法|IT評論家 尾原和啓

美味しい食事や高級ワインを楽しむ、美女にモテる、金を稼ぐ、出世する―。それらの達成欲や快楽によって突き動かされていた上司たちを、冷ややかに見ている若い世代。そんな、一見「欲望やモチベーションがない」と見られる彼らを突き動かすものとは何なのか。

IT評論家にして、モチベーションの正体を解析した本「モチベーション革命」を上梓した尾原和啓氏に、Forbes JAPAN Web編集長の谷本有香が聞いた(前編)。

谷本有香(以下、谷本):尾原さんが先般「モチベーション革命」という本を出版されましたが、私、その人のモチベーションになる「what」を見つけるのって実はかなり難しいことじゃないかと思っているんです。

尾原和啓氏(以下、尾原):そこが一番本でも書きたかったところ。イグニッション(着火)の仕方が目標や達成、快楽にあった”上の世代”と、そんなところに何の魅力を感じない”下の世代”との間にはギャップがあるんです。

つまり、ワインと美女イェーイ!で「目標」と「快楽」で着火できる上の世代の人たちと、ワインと美女ではなく、自分の好きなことに打ち込むほうが好きな若い世代の人たちが共存している。ちょうど、その境目となる年齢が36歳くらいです。

いま36歳くらいの人たちは、大学入学した時に就職氷河期、社会人の浅い頃に、ライブドア事件やリーマンショックを経験していたり、むしろ「数字を達成して美女と焼肉」みたいなものが、むしろダサ、みたいになっている。

谷本:それが、社会の歪みを生んでいるんですね。

尾原:そう。漫画『課長 島耕作』ってあるじゃないですか。あの物語は、島が34歳のときから始まるんです。しかも、誰が1番最初に課長になるのか、というところから始まる。課長とか役職は、何度も転職している僕らからしたらどうでもいいし、僕の周りで言えば、34歳は一度会社を売却して次のレースに入るようなタイミング。

でも、冷静に考えてみると、それはベンチャー界隈の話であって、一般的に考えると島耕作のように悩んでいる人の方が人口的には圧倒的に多い。そこでこの本を書いてみようと思ったのです。

e

上の世代は「目標を達成したら美女と焼肉」と思っているけど、課長は間世代で自分はそういうのは好きじゃない。さらに、下を見ればそんなのに全く反応しない後輩ばかり。下の世代からして見ると、会社の方向性を決める人たちが自分たちの心に響くことを言ってくれない。だから頑張れないのは当たり前なのに、上の世代は若い人は頑張れないからだめだという。その歪みを取らないといけないな、と思ったんです。

谷本:では、そういう人たちをどう着火していくのか。走り出すためのイグニションは何なのかということですよね。

尾原:モチベーションとテンションは違うんです。テンションっていうのは、なにかに外から引っ張られて動くという感じ。強制的に自分の外にある報酬やインセンティブとかで火がつくまでの速度をつける。これが昔のやり方でした。

上の世代の時代は、世の中にないものが溢れていたから、それを埋めるだけでかっこよかった。美女に会うのもドンペリを飲めるのもご褒美だったんです。ただこれでは、外(自分の内側ではない要素)に引っ張られるから疲れてしまう。これでは、下の世代はついてこない。そうしてテンションで人を動かすことをダサいと思っているから、動いてくれないんです。

谷本:また、若い世代の人は、頑張らない理由、上を目指さない理由みたいなものを見つけるのも上手な気がします。

尾原:そう。インターネットの副作用は、やらない理由を探せるところにある。それと、昔は、日常になかったものもなんでも見れてしまうのも問題です。

昔は、海外旅行にしても、「あっちに行けばこっちにないものがあるからまず見に行こう」というエネルギーがあった。今はインターネットによって行かなくても行った気になれる情報がとれてしまう。むしろ行かない理由を探せてしまいます。つまり、行かないとわからないからという外の力でエンジンをとにかく回して、行ったら異国だからこそ意外なことが喜ばれる中で自分の喜びを見つけられるっていうのは通用しない時代になったんです。

尾原:では、どうしたらいいのか。それは、小さくてもいいから「気づいたら自分がそれをやりまくってること」をやるしかないと思うのです。事業はついつい大きなイグニッションを最初から求めるけど、小さいものでいいんです。まず内側から火をつける。

そして、イグニッションをどうやって大きくしていくかを考えることが大事。それは仕事に関係していなくてもいいんです。オンオフ問わず、時間を忘れてやることはないかと探すことが大事なんです。

谷本:一人で踊り続けているうちに、仲間や共感者が現れるかもしれないということもありますものね。

尾原:まさにそう。デレク・シヴァーズのTEDトークに『how to make social movement』ってありますよね。

谷本:ひとりの半裸男性が踊っていて、一人がジョインすることでムーブメントが起こる、という動画を紹介しながら進めるトークですね。

ew

尾原:そうです。これだけ物が溢れている時代、本当に楽しいものってお祭りしかない。だから、『天空の城ラピュタ』放映時にツイッター上で「バルス祭り」も盛り上がる。みんなでやっている熱狂感を感じたいからやるわけです。

確かに、最初に踊るやつは、孤独。でも、一緒に踊りたいと思われるだけの熱量を帯びているから、その馬鹿踊りにつられて二人目がくる。これが、祭りを欲する今の時代に、熱狂さを生むのかなと思っているんですよね。

谷本:一人目のダンサーの重要性もさることながら、実は二人目というのはとても重要で、単に頭数としてジョインするのではだめで、その人自身に信頼たる何かだったり、拡散力があって、そのムーブメントの大きさが変わったりする。だから、どんな人でもいいからフォロワーができればいいというわけでなく、インフルエンサーとしての二人目を惹きつけられるかというのが、最初に踊る人の熱と質によるところが大きいですよね。

尾原:確かに、二人目は重要ですよね。わりと誤解されがちなTEDでも同じことが言えます。

TEDはプレゼンテーションだと思われているけど、TEDのミッションは”ideas worth spreading”。それに、スピーチじゃなくて、トークなんです。たまたま、第一人者が話し手だっただけで、人が人にトークして、波紋のように広がって、それがムーブメントに変わって、世の中を変えていくよねっていう。だからTEDは実は話す人より、聞く人が話を受けてその波紋を広げられる人であることがすごく重要。だからスピーチじゃなくてトークなんです。

参加費用が高いと言われてますが、オーガナイザーはものすごい考えている。どういう参加者(オーディエンスとは言わない)をどうやって集めれば、このスピーカーの波紋を遠くに届けられるか。遠くに届くには、心に届かないといけない。色々なことを想像しながら、参加者を選んでいるんです。

つまり、二人目のダンサーになってくれる仲間を見つけていくことが非常に大事な時代なんだと思う。

谷本:TEDもそうですが、優良なコミュニティであったり、セットされた舞台装置の上に立てる人も限られていますよね。信頼に値して、優秀であれば必ずしも立てるというものでもないですよね。実は、見落とされている「選ばれし者に共通する要素」があるんじゃないかとも思います。

尾原:それは、その人にとっての舞台、波紋を広げたいこと、誰に伝えたいかが明確であるということだと思います。

例えばAKBは、小さなステージで熱狂を重ね、それを2〜3年積み上げたから、蓋をあけた瞬間にオリコンチャート1位など世の中を動かす熱さになった。だから、僕は大きい舞台に立たなくても、小さな仲間の中で熱量をためていくことの方が大事だと思う。小さな熱狂を積み重ねることが重要なんじゃないかと。

谷本:なるほど。必ずしもムーブメントが起こりやすい最高峰の舞台に上がることを意識しなくてもいいわけですね。

尾原:たとえば、社会起業家というのは、事業が軌道にのるまでになかなか時間がかかってしまうものです。でも、社会起業家になるほど優秀な人材であれば、言い方があまり良くないですが、他のことをやった方が儲かるわけです。

ということは、社会起業を選ぶような優秀な人たちが、即物的に利益の方になびくことなく、社会のために地道にやっていけるための一番大事なアクセラレートは、スキルを付与するようなことではなく、お金などの他の誘惑から心の沸騰を振り切るくらいの熱量をためていけることだと思います。社会起業家は頑張って、熱をためないと途中で潰えてしまう。誘惑の重力に負けてしまうこともあるということです。

谷本:だから、熱量をためるための装置なり、環境が必要なわけですね。

尾原:最初から大きな場所に立たなくてもよくて、小さく共感する人たちと煮詰めていると、必ず仲間が集まってくるんです。むしろ小さく始めた方がいい。ただ、小さく始めた時に大事なことは、自分の熱意を二人目が必ず伝搬してくれると恐れずに出すこと、そして最初に伝搬してくれた人達を尊重して焦らずに大きくしていことなんです。

e
尾原和啓(おばら・かずひろ)◎I執筆・IT批評家。京都大学院で人工知能を研究。マッキンゼー、グーグル、iモード、楽天執行役員、2回のリクルートなど事業立上げ・投資を歴任。現在13職目 、シンガポール・バリ島をベースに人・事業を紡いでいる。近著『モチベーション革命』はアマゾン ビジネス書1位。

Forbes JAPAN 編集部

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索