未来学者が予測! CEOが「生産性が見せる眼鏡」をかける日

未来学者が予測! CEOが「生産性が見せる眼鏡」をかける日

未来は今もシグナルを送っている。あなたが端っこに耳を澄ませば、天文学者が原始の宇宙を遥か彼方の空に見つけたように、未来の働き方を見ることができるかもしれない。

未来学者の仕事は、緻密な計算や情報収集の上に成り立っています。10年後の未来を予言はできませんが、質的量的データを集めて分析し、現状のトレンドが続くという仮定の上で、起こる可能性が高い未来を示すことができます。

私は大学教授として戦略的先見性についてMBAの学生に教えながら、2006年に創設したThe FutureToday InstituteのCEOをしています。新しいテクノロジーや科学による、既存のビジネスのディスラプション(破壊)、労働力の変容、地政学的な変化をウォッチして世界のリーダーや企業にアドバイスしています。

未来予測の6つのステップ

その方法を6つのステップにしてモデル化し、説明したのが『シグナル:未来学者が教える予測の技術』(ダイヤモンド社刊、原著はThe SignalsAre Talking)です。6つのステップは、視野を広げる考え方と、絞る考え方を行ったり来たりします。最初の重要なステップはとにかく社会の端っこに耳を澄まし、多様な情報を得ることです。

私はAR(拡張現実)技術が将来、現在のスマートフォンのようなプラットフォームになると思います。今年はスマートフォン時代の終わりが始まる年でしょう。我々は今、現行のスマートフォンよりももっとスマートな端末が使われるようになるまでの過渡期にいます。

2000年代初頭、私は携帯電話とカメラ、MDプレーヤーを持ち歩いていました。今はスマートフォン1台あれば事足りますが、また複数端末時代になろうとしています。何らかの電話の形の端末に加え、眼鏡型やリストバンド型などの様々なすべの端末が現れています。そしてまた最終的には全ての機能を担う1つに集約されるでしょう。

オフィスの生産性が見える眼鏡

ARやVR(仮想現実)の技術はエンターテインメントに使われ始めていますが、実はARは労働の生産性を上げるためのテクノロジーとしても注目されています。例えば、CEOが眼鏡型の端末をかけるとオフィス内の従業員のデータが視界に現れる。ある人は仕事が生産的で、ある人は仕事が進んでいない、という情報がリアルタイムでわかる。

またARを使って人々の気が散るのを防ぎ、仕事に集中できるようにする商品も考えられています。考えてみてください。私たちは一日に何度携帯電話を見ているでしょうか。そのたびに別のことに気を取られてしまいます。自分の視界の中に今必要としている情報だけを表示できれば、持続して集中できるようになります。企業にとって生産性の向上は非常に重要なテーマです。

もちろん、AI(人工知能)やロボティクス、自動化技術も未来の働き方を大きく変えるでしょう。中国では様々な種類のロボットによる自動化を実験的に取り入れています。フォックスコンの工場では労働力の20%がロボットで賄われています。

私たちの生きているなかで最も大きな変化はデジタルメディアのテクノロジーです。デジタルメディアなんて大したことない、誰がツイッターやフェイスブックなんて気にするのか、と嘲笑する有名人や知識人も多いですが、デジタルメディアによって、世界の政治勢力図が変わりました。我々は常に巨大な変化の渦中にいますが、それに気づいていません。

未来学者と日本の関係

私は大学で経済学のゲーム理論とコンピュータ科学を学んだ後、現在の岩手県花巻市石鳥谷町に住みました。1990年代半ばです。英語を教えながら、コミュニティセンターで子どもたちと遊んだりする1年間のプログラムに参加し、そこで日本に恋してしまいました。結局、ニューヨーク・タイムズやエコノミストの記者をしながら3年間いました。

いったん帰国してコロンビア大学大学院でジャーナリズムを修め、01年にニューズウィークの特派員として日本に戻ると、毎日秋葉原に入り浸っていました。日本はあの頃、携帯電話のテクノロジーで世界最先端を走っていました。今もロボティクスなど最先端のテクノロジーはありますが、あのときの日本はすごかった。日本から生まれるテクノロジーと想像力豊かな発想にとても感動したんです。

05年に帰国して最先端テクノロジーを研究する施設を作りました。

新しいテクノロジーは、人々の仕事をどんどん楽にします。そのスピードが指数関数的に加速しています。そのうち、変化のスピードを人々は不快に感じるようになると思います。テクノロジーのなかには、人類にとって良くない方向に変化するものもあるでしょう。

誰が利益を得て、誰が誰のために働くのか、そしてその労働に対していくら得られるのか。そういった社会のあり方が大きく変わるでしょう。

未来の日本のために準備できること

日本は人口減少社会です。ロボットによって労働力不足が解決されると同時に、新たに社会保障上の深刻な課題に直面するでしょう。現状の社会保障の仕組みは、労働者が仕事をして所得税や社会保険を払ったものが再分配されます。しかし、ロボットは所得税や社会保険を払いません。新たな経済モデルと社会保障インフラの構築が必要です。

私の友人で日本人の僧侶がいます。彼の寺を案内してもらったとき、歴代の僧侶が屋根に使うための木を70年かけて育て、木材にしたと聞きました。自分が直接使うことはないとわかっていながら、次の次の世代のために木を育てているのです。今必要なのはそのような長期的な視点です。日本には昔からある伝統的な考え方かもしれませんが、今の若い世代にこそ必要です。彼らは短い間にめまぐるしい変化を経験することになる。だから現在だけではなく、次の次の世代まで考えなければいけないのです。

最悪から最良まで様々な未来のシナリオがあります。AIが今のスピードで進歩を続ければ人類最悪のシナリオになりえますが、実際に起きる可能性が高いのは最悪でも最良でもない。その間にあるシナリオです。

どんなテクノロジーでも、使い始めたら今後の使われ方はコントロールできません。事前に実用的なシナリオを作り、行動戦略を立てることが重要です。

今、日本で働く人々が将来のためにできるのは、シグナルに耳を傾けることです。世界で起きていることに注意を払い、普段耳にしない分野の情報にも触れる。そして行動に移す。一番いい未来への準備は未来学者のように考えることです。誰でも未来を見ることはできますから。

エイミー・ウェブ◎ニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネス教授。The Future Today Institute創設者。2016年に上梓した『The Signals Are Talking』がワシントン・ポストのベストセラーになった。合気道初段、日本語検定2級所持。

Forbes JAPAN 編集部

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索