カナダがビール規制改定へ 大麻入り製品のチャンス拡大か

カナダがビール規制改定へ 大麻入り製品のチャンス拡大か

カナダ政府は先月、ビール製品の規制改定案を発表した。導入されれば、国内製造業者は製品のラベルに全原材料を記載することが求められるが、一方で現在より多くのハーブやスパイスを加えることも可能になる。また、ビール製品は残糖量と添加物に基づいて定義されることになる。

カナダ政府によると、規制改定に伴う変更点は次の通りだ。

1. スタイルにかかわらず全タイプのビールに適用される成分規格の導入と、食品添加物についての情報源の単一化により、重複が減る。

2. 新たな原材料の使用や風味付けを許可することでビールの定義を拡大し、イノベーションを可能にするとともに市場動向をより反映したものとする。

3. 客観的な測定基準を設けることで、ビールの整合性を保つ。

4. 不一致を減らすため、既存の要件を明確化する。

同規制案は既に昨年、一般と産業界からの初回意見聴取を終えている。カナダ食品検査局(CFIA)によると、当時賛否両論が寄せられた分野は主に3つあった。

1つ目は、ビールは大麦または小麦の麦芽を原料とするとの定義で、これはビール醸造業者の大多数の支持を得ていた。2つ目は、残糖量を全体の4%までとすることだ。こうすることで、一部のスタイルのビールが除外されたり、クラフトビールの開発・創作が阻まれたり、貿易上の影響が生じたりするかもしれないとの批判が寄せられた。3つ目は、ラベルにアレルゲンの記載を必須とすることだ。この点に反対したのは、ビールに大麦か小麦の麦芽が含まれていることは既に消費者に知られた事実だと感じていた人のみだった。

カナダのビール産業の規模は大きい。カナダ統計局によると、2016年の売上高は91億ドル(約1兆円)で、16/17年度のアルコール類の総売り上げの40.6%を占める。カナダの食品市場ではさらに、利益を生みそうな新原料がまもなく解禁される。それは、今年合法化される大麻だ。

「非常に破壊な大人向けプレミアム飲料製造企業」を自称するトロントのプロビンス・ブランズ(Province Brands)などの小規模なビール製造業者は、大麻を使ったビール製品開発に取り組んできた。(開発は慎重を期してカナダ国外で行われた)

マニトバ州ウィニペグでは、大麻を扱うデルタ9(Delta 9)とフォート・ギャリー・ブルーイング(Fort Garry Brewing)が先日、大麻種子を使用しつつも大麻の有効成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を含まない「リーガル(合法)ラガー」というアルコール飲料を発売した。両社は、アルコールは入っていないが大麻を含む製品も開発中だが、カナダでの大麻合法化まで待っている状態だ。同製品は現在、社内でのみコンセプトビールとして入手可能だ。

また、バンクーバーに本社を置くファカルティー・ブルーイング(Faculty Brewing Co.)は、ノーザン・バイン・ラボラトリーズ(Northern Vine Laboratories)、アバティス・バイオシューティカルズ(Abattis Bioceuticals Corp)と共同で、THC以外のカンナビノイド(大麻成分の総称)を豊富に含むビールを開発することに合意し、新規制が発表されれば生産が開始できるようにした。

大麻を使ったビールの生産を考えているのは小企業だけではない。昨年カナダの大麻企業に投資したコンステレーション・ブランズのほか、モルソン・クアーズなどの大手企業も、これから利益が見込める大麻ビール市場に参入すると報じられている。

2019年施行が提案されているこの新規制が、カナダでの大麻合法化と相まって新たな商品カテゴリーを生み出すことができるのか、それともこの計画は水の泡となってしまうのかは、まだ分からない。

Leslie Wu


関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索