藤原副社長に聞く、マツダが「自動運転をやらない」理由

藤原副社長に聞く、マツダが「自動運転をやらない」理由

利益向上、市場拡大、株価上昇と目に見える成果を追い駆けることばかりが正解とされなくなりつつある今日。ではこれからの組織、ひいては私たち個人はどう在ることが求められるのだろか──。

そのヒントを探るべく、日本酒蔵の多様性を引き継ぐことを目的に事業展開を進めるナオライのメンバーが、これからの社会を創るキーパーソン、通称「醸し人」に迫ります。第1回目はマツダ代表取締役副社長の藤原清志さん。(前編はこちら)

車を愛すからこそ問う「車の本質的な価値」

三宅:テクノロジーが進化するほどに、あらゆるものの工業化が加速しています。私自身は、それに危機感を覚えると同時に、「元々持っていた価値を取り戻すことができたら、それが未来に繋がる」ということを感じているのですが、藤原さんはこの状況をどのようにご覧になっていますか?

藤原:本来の在り方に戻っていければ、その分生き伸びていけます。車もそう。今は単に便利なものと思われがちだけど、車が開発された当初は心の喜びがあった。「今まで行けなかった場所に自由に行けるようになった!」とかね。自分にできなかったことができるようになる。そんな達成感が得られる喜びこそ、車が本来提供できる価値だと思うわけですよ。

でも、そこを忘れてしまうと単なる移動手段としか見られなくなる。すると、ただ便利にして沢山売れば良いって話になってしまう。だから最終的には自動運転に行き着くんだけど、「本当にそれでいいの?」と思います。

三宅さんの日本酒業界も、ただ飲めれば良いではなくて、本質を持ち直すことができれば、絶対に価値は上がるし、生き延びることができると思う。

三宅:でも、大半はそういう考え方はしない。というか、考えない方が圧倒的に楽だと思うんです。

藤原:思いを貫いて、提供し続けていくのが大変だからね。自動車業界で言えば、今は自動運転の方にいくのが一番簡単なのよ。だけどマツダは「そうしません」って言ってる。でないと、一番大事な「運転する喜び」を忘れてしまうから。だから、皆が言わないようなことをずっと言い続けている。

三宅:そのような考え方になったのはなぜですか?

藤原:車が好きだから。車を愛しているから、かな。

三宅:ストレートに言われたら、なんかこっちが照れちゃいますね(笑)。

藤原:(笑)。私自身が車に対して感じている愛情や価値は絶対に忘れたくないし、忘れるようなことには拒否反応が出ます。そんな反応が出て「なにか違う、違うぞ……」って考え続けると、「あぁ、そうだ。大事にしたかったのは、こっちだ!」と見えてくる。

三宅:私は、弊社のある三角島で年配の方が運転しているのを見る度に、以前藤原さんが仰られていた「事故が想定される時だけ自動運転の役割が発揮されるのが、究極だ」という言葉が頭に浮かぶんです。きっと誰にでもあるものですよね、運転する楽しさって。



藤原:そう。だから多分、おじいちゃんから軽トラを奪ったら病気になるよ。例えば、運転ができなくなると農地にも行けなくなるでしょう。すると、そこで楽しみがなくなる。きっと皆さん、毎日農地へ行き、作物の成長に喜び、そして仕事が終わった後は「今日も一日、頑張って仕事したなぁ」とか思いながら車に乗って帰るわけですよね。その達成感こそが、生きる糧になっていると思うから。

だから、マツダは便利ばかりの車を作ってはいけないのよ。

元々持つ特徴を忘れずに、熟成させていく

三宅:正直、これまではテクノロジーの発展とか、ビジネスを成功させることが人類の進化だと思ってました。でも、仕事で畑に入り、自然と調和することの大切さに気づいた頃から、非効率の大切さにも気づいたんです。

藤原:女性が活躍するようになったり、経済が豊かになったのも、ここ数十年の話。当時は右肩上がりの経済成長の中で、皆が「便利、時間短縮、大量生産、安い」へ向かっていったわけたけど、これからの時代、それはあまりメジャーではないですよね。むしろ、もう右肩上がりで成長の時代は終わったのだから、次の世の中をどう見るかだと思うよ。

私は、これからはお客様が選択をする時代だと思ってる。大事につくられたものこそが理解されるようになるし、私はそこに向けていち早く転換する必要があると思うんですよ。お酒も一緒でしょう。少しでも美味しいお酒が楽しめたら満足。昔は、ネクタイを頭に巻いて飲まないとやっていけない時代があった。今そんな風景あんまり見ないでしょ(笑)

世の中が移り変わる中だからこそ、大事にすべきものがあると思う。だから、たとえ小さい酒蔵でも自分たちの良さを熟成させて、在り方さえ定められれば、絶対に生き残こることができる。腰を据えて、元々持っているものを忘れて「あっちだこっちだ」ってブレないこと。我慢の時代だと思うんですよね。

三宅:全国の酒蔵を回ると、巨大なタンクなどの遊休資産がある蔵を多く目にします。昭和50年代頃まで主流だった「桶売り」(小規模の酒蔵の酒が、大手酒造にタンクごと販売すること)をしていた蔵が、日本酒業界の不振に伴いバサっと切られてしまったんですね。この事態にいち早く気づいて方向転換している蔵がある一方で、そのままタンクだけが残っている蔵もあってこれはやばいな、と。

藤原:それにすごく近い話がある。かつて自動車メーカーの間では「400万台クラブ」が謳われた時代があって、年間400万台以上生産しないと生き残れないよ、という世界だった。それで今はどうなってると思う? 1000万台クラブですよ。これはもう、大変な生産量。

一方で、150〜200万台の少量生産で生きている企業もあります。マツダもそうなんですけど。そして、その中間もある。このような大凡三層に分かれる中で、皆が「これからどうしたら良いのか? どう生きていくべきか?」の決断を迫られている。

新たな市場を探し続けながら大きくなっていくのか、または自分の身の丈にあったやり方で自社の特徴を磨き続けるのか、いずれかに分かれつつある状況だと思うんです。この話は、さっきの酒蔵の話に置き換えても、恐らく構造は同じなんじゃないかと。

機械より、人間中心の自動車設計

三宅:でも、マツダさんは自動車産業で闘っているという感じがあまりしなくて。

藤原:(爆笑)

三宅:僕は、日本酒業界のこれからの在り方をマツダさんの中に見るような気がしています。というのも、ひしめき合う日本酒市場の中で戦い勝つことだけを考えていたら、どこかでつまずいてしまうと思うんですよね。

藤原:こっちに向かえば市場がデカイとか考えずに、何を大事にするかを第一に考えれば良いんですよ。マツダの場合は、機械中心でなく人間中心。例えば、車は座っている時間が長いですけど、そのせいで身体を壊してしまうっていうのはおかしな話なんですよ。

人間のためにどうしたら良いかを考えれば、自然とそっちの方向へ向かう。そうしたら、お客様を必ず笑顔にすることができる。同時に他のエスタブリッシュされたブランドとは違う独自の特徴が作れるとも考えていて。だから市場があるかないかを考えるのは後。市場は後からでも作れるんだから。


「人間中心のクルマづくり」のために理想的なドライビングポジションを惜しみなく追求。シートの座り心地の良さをはじめ、あらゆる操作ユニットがドライバーに正対し体を捻らなくて良いため、リラックスできて体が疲れにくく、何より安全に運転を楽しむことを可能にする

三宅:確かに。一回座り心地の良い車に乗ってしまうと、もう他は乗れなくなりますね。

藤原:そうそう。そうすると、自ら選ぶようになるよね。そこに至るまでの長い道のりを歩み続けることが、ブランドの特徴を創り、価値を決めるので、そこはずっと曲げずに行くこと。

三宅:ビジネスを考える一方で、自分たちが大事にしたいものを忘れてはいけないですね。

藤原:ビジネス方面に寄り過ぎてしまうと、今応援してくれてる人々の興味はなくなってしまうと思うよ。きっと彼らはビジネスより先に「どうしたいの? どう在りたいの?」を大切に考えているはずだから。そして、私もそのような想いに賭けています。

連載 : #醸し人
過去記事はこちら>>

三宅 紘一郎


関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索