サムスン新端末はiPhone並みの高価格、5Gモデルは20万円超えか

サムスン新端末はiPhone並みの高価格、5Gモデルは20万円超えか

サムスンは2月20日にサンフランシスコで開催のイベントで、最新モデルのGalaxy S10シリーズの発表を行う見通しだ。

Galaxy S10シリーズには「少なくとも4機種が用意され、最大で6個のカメラを搭載の5G通信対応モデルも存在する」と筆者は、昨年12月の時点で記事化していた。

しかし、このS10シリーズの価格が、予想を上回る高価なものになりそうだ。確度の高いリーク情報で知られるインドのニュースサイト「91mobiles」が、サムスンの新機種の価格が、アップルのiPhoneの上位機種に匹敵する、高価格レンジになると述べている。

91mobilesは、廉価版的位置づけの「S10e」から上位機種の「S10 Plus」まで、3モデルの価格を次のように予測している。

Galaxy S10e :5万ルピー(約7.7万円)
Galaxy S10 : 6万5000ルピー(約10万円)
Galaxy S10 Plus:7万5000ルピー(約11万6000円)

これらの端末の価格は、昨年インドで発売されたGalaxy S9やGalaxy S9 Plusから約10%の上昇であり、アップルのiPhone XRやXS、XS Maxに匹敵する高価さだ。91mobilesはこの価格リストを、サムスンのディストリビュータから直接入手したという。

サムスンがこのような高い値づけを行うのは異様な事だ。アップルのティム・クックCEOは先日、iPhoneの販売価格が高すぎたことを認め、今後の価格戦略の見直しを発表していた。

とはいうものの、サムスンのファンは出費を覚悟する必要がありそうだ。91mobilesによると、とりわけ S10 Plusには最大12ギガのRAMが搭載され、ストレージは最大で1.5テラバイト(内蔵ストレージが1テラで512ギガのSDカードに対応)だ。

さらに、上記の価格リストには含まれていないが、5G通信対応の「Beyond X」と呼ばれるモデルの価格は、2000ドル(約22万円)近くになるとされている。

筆者の個人的意見としては、仮に91mobilesの価格情報が正しいとすると、サムスンは判断ミスを行ったと考える。中国のシャオミやOPPO、VIVOらのメーカーは安価ながら高機能な端末で、アップルの地位を脅かしている。サムスンはもう少し、低め目の価格で勝負に出るべきだ。

それでも、サムスンの熱心なファンは、新端末のS10シリーズに発売日に飛びつくかもしれない。しかし、Galaxy Sシリーズはこれまで、数カ月後には大幅な値引き価格で販売されるのが通例となっている。賢い消費者にアドバイスしたいのは、しばらく待てということだ。

Gordon Kelly


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

フォーブス ジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索