女優・河合美智子、脳出血で闘病中 右半身に少し後遺症、完治に向けてリハビリ治療

女優・河合美智子、脳出血で闘病中 右半身に少し後遺症、完治に向けてリハビリ治療

 NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」の「オーロラ輝子」役などでしられる女優、河合美智子(48)が昨年夏に脳出血を発症し、闘病中だというのだ。

 13日付スポーツニッポンが、笑顔でリハビリに取り組む写真とともに報じた。右半身に少し後遺症が残るが、リハビリの効果で現在は通院治療に切り替えるまでに回復。

 同紙によると、発症は昨年8月13日。自主映画の撮影に向けた稽古中に右足が動かなくなったため、スタッフが119番通報。診断は脳出血。血腫量は30ccで、開頭手術直前の状況だったが、発見が早く、大事には至らなかったという。

 1カ月半の入院後、リハビリ病院に転院。言語障害も残らず、今月10日に退院した。2月11日に行われる出演映画の初日舞台あいさつ出席を目指し、完治に向けてリハビリ治療を続けていく。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

夕刊フジの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

14時06分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索