うち飯でカンパイ! 自粛生活でオンライン飲みが全盛の今、ほんのひと手間でこだわりのおつまみを作るのはいかが? 和洋中・エスニックの料理に精通するフードジャーナリスト・野澤幸代さんが、とっておきのお酒とメニューを提案。今回は桜えびを使ったレシピです。(文・イラスト=野澤幸代) ※本記事は、『幸福の晩酌 胃と心にやさしい94皿 』の一部を再構成したものです。

* * * * * * *

桜色尽くしの春の宵

桜が咲くと心が躍り、胃袋がワクワクし始めます。というのも、静岡県の由比(ゆい)で桜えび漁が解禁になるからです。


『幸福の晩酌 胃と心にやさしい94皿(電子版)』著:野澤幸代(中央公論新社)

鎌倉のしらすもそうですが“解禁”というフレーズにてきめんに弱い私。数年前のゴールデンウイークには「由比の桜えびまつり」に出かけ、すごい人出に負けるものかとかき揚げを頰張ってきました。(編集部注:今年は新型コロナウィルスの影響で中止)

持ち帰った桜えびの釜揚げは桜貝のような初々しい薄紅色。ふわりと軽く、品のいい甘み。ついつい、つまみ食いの手が止まりません。

せん切りの大根と合わせてピリ辛の巻き餃子にすると、飲茶の大根餅を思い出させるおいしさです。

また、この季節の出合いもの、たけのこと一緒にお焼きにするとじつに香ばしく、絶品です。


純米酒 赤米酒〈伊根満開〉 舟屋で知られる京都府伊根町にある向井酒造で、若い女性杜氏(とうじ)が醸(かも)した赤い酒。原料の古代米は杜氏の農大時代の友人女性が作っている。女性たちの手から生まれた酒は甘口のしっとりした味わい。冷やすと美味

そうそう、お花見用に取り寄せてあった珍しい赤米酒を開けましょうか。グラスに注ぐとルビーのように赤い、見目麗しい純米酒。まるで膳の上に花が咲いたような、桜色尽くしの春の宵です。

一度食べればやみつき! おつまみレシピ


桜えびの巻き餃子(イラスト:野澤幸代)

ーーーーー

桜えびの巻き餃子 調理時間 15分/難易度 ★★☆ 棒餃子なのでクルリと巻くだけ! 包むテクニックは不要です。大根のシャリ感と桜えびの風味が本当によく合います。さっぱりしているから、もしかして1人5本では足りないかも 《材料(2人分)》  餃子の皮…10枚  大根…80g  塩…1つまみ  桜えび(釡揚げ)…30g  ※または干しえび…10g  コチュジャン…小さじ1  酢・醬油…各適量  サラダ油…大さじ1 《作り方》 (1) 大根は皮をむいてせん切りにし、塩をまぶして5分ほどおく。 (2) 大根の水気をよく絞ってボウルに入れ、桜えび、コチュジャンを加えて混ぜる。 (3) 餃子の皮に(2)を等分にのせ、端からクルクル巻き、巻き終わりに水をつけて留める。 (4) フライパンを中火で熱してサラダ油を入れ、(3)のとじ目を下にして並べ、転がしながら全体に焼き色をつける。 (5) 器に盛り、酢醬油を添える。

ーーーーー