うち飯でカンパイ! 自粛生活でオンライン飲みが全盛の今、ほんのひと手間でこだわりのおつまみを作るのはいかが? 和洋中・エスニックの料理に精通するフードジャーナリスト・野澤幸代さんが、とっておきのお酒とメニューを提案。今回は韓国風つまみのレシピです。(文・イラスト=野澤幸代) ※本記事は、『幸福の晩酌 胃と心にやさしい94皿 』の一部を再構成したものです。

* * * * * * *

味がしみた翌日はさらにパワーアップ

友人に出すと「レシピがほしい」ときまっていわれる最強のつまみが、韓国風の煮っころがし。


『幸福の晩酌 胃と心にやさしい94皿(電子版)』著:野澤幸代(中央公論新社)

小粒のじゃがいもを甘辛く煮るのですが、水やだし汁は入れません。酒、みりん、醤油、ごま油で煮て、最後にコロコロと揺すって煮詰めます。

何てことない地味な料理なのに、舌をつかむ力があるのです。味がしみた翌日はさらにパワーアップ。

握力のある韓国風つまみがもう一品あります。ある日、えびチリがあるならえびコチュ(ジャン)があってもいい、と思って作ってみました。

これがまた至極おいしいのです。殻つきのえびをこっくりと炒め煮にするので、食べると口の周りが赤くなります。瞬く間にできてこの濃厚さは、コチュジャンのおかげです。


ドラフト〈ギネス〉 1759年、アイルランド、ダブリンでギネスは誕生した。焦がした大麦麦芽を使用するため色が濃く、独特の風味がある。缶には発泡用の玉が入っていて、グラスに注ぐとクリーム状の濃厚な泡が分離する。お見事!

こういうこっくりした味の料理にはジンロを合わせてすっきり、となるのが普通でしょうが、おもしろいのが黒ビールとの相性。異論はあると思いますが、私は好相性と思います。皆さま、お試しあれ。

一度食べればやみつき! おつまみレシピ


韓国風煮っころがし(イラスト:野澤幸代)

ーーーーー

韓国風煮っころがし 調理時間 30分/難易度 ★★☆ じゃがいもの香りは皮にあるので、むかずにタワシで洗います。味がしみた翌日こそ美味。だからレシピの量が多めなのです。あえて温めず、冷たい煮っころがしに黒ビールを 《材料(4人分)》  小粒のじゃがいも…400〜500g  おろしにんにく…1かけ分  酒…カップ1/3  みりん…カップ1/3  醤油…大さじ2  ごま油…大さじ2 《作り方》 (1) じゃがいもをタワシで洗い、いもが重ならないサイズの口の広い鍋に入れる。 (2) 残りの材料をすべて加え、蓋をして中火にかける。煮立ったら弱火にし、20〜25分煮る。 (3) 竹串が通るようになったら、鍋を揺すって煮汁をからめ、煮汁がとろっとするまで煮詰める。 ※新じゃがの場合は火の通りがやや早くなります。

ーーーーー