現在発売中の『婦人公論』7月14日号で、表紙に登場している女優の長澤まさみさん。自分に与えられた「役柄」については、自分なりに咀嚼してから演じるようにしてきたと語ります。しかし、今回公開の映画『MOTHER マザー』では、どうにも理解できない人物に出会ってしまったそうで――発売中の『婦人公論』から、インタビューを掲載します。(構成=平林理恵)

* * * * * * *

手を動かすとなぜか落ち着く

近頃、生活をきちんと楽しみたいという気持ちが強くなってきました。時間があるときはよく料理をしています。料理本に書いてあるレシピ通りに仕上げると、いつもの自分の味つけにならず、飽きません。

食材は無駄にしませんよ。煮物を作ったらいくつかの料理にアレンジしますし、最後はカレーの具にするなど、しっかり食べきります。

器にもこだわりを持つようになりました。母が和食器を好んでいた影響なのか、和のものに惹かれます。好きな陶芸家の作品を少しずつ集めるのが楽しみです。

お裁縫や刺繡など、手を動かす時間も大切にしています。母方の祖母はお裁縫がとっても上手で、そばで見て育ちました。そんな時間が心に残っているのか、手を動かすとなぜか心が落ち着いてくる。

こんなふうに、毎日を丁寧に暮らしていくことは、お芝居にも響いてくるような気が、なんとなくしています。

素の自分がこぼれ出る瞬間

よくインタビューで「長澤さんって、どんな性格ですか」と質問されたり、演じた役柄について「自分と似ているところはどこですか」と聞かれたりするのですが、そのたびに困ってしまうんです。というのも、私はそもそも自分がどういう人間であるのか、はっきり言葉にできるほど、自分のことをわかっていないから。

それに、俳優は自分と異なるキャラクターを演じるのが仕事ですし、観る方にとっては本人の性格はどうでもいいことなんですよ。だったら、自分のことがわからなくても別にいいじゃないか、と思ったりもします。