50をすぎたオジサンのピアノレッスン体験記

世俗にまみれたオジサンが、突如思い立ってピアノを習う。感動的かつ笑える実話だ。雑誌のライターである著者は、5年も続けた執念の取材がようやく一冊の本になり、解放感と充実感に満たされて、なにげなくミュージカル映画を見た。映画自体にはそれほど感動しなかったのに、ある楽曲にハートを直撃され、〈涙腺が故障したのかと思うほど〉の涙を流す。その曲とは、ABBAの「ダンシング・クイーン」だった。

こんな感じで始まるピアノのレッスン体験記なのだが、まあちょっとお目にかかれないほどキンキンに研ぎ澄まされたエンタメである。まず設定(というより現実)がすごい。著者の取材対象はいつもヤクザなのだ。著者いわく〈裏・闇・黒〉の世界に生きているため、なにごとにも簡単には心を動かされない。しかも著者はロックやポップスには一家言ある人。なぜよりによって、万人ウケする甘いポップスの代表みたいなABBAに泣かされるのか。著者はこの自問から抜け出し、ともあれ「ダンシング・クイーン」を自分のものにしよう、どうせなら子どもの頃から憧れていたピアノで弾けるようになろうと、先生探しを始める。危険な仕事で鍛えられた瞬発力だろう。

著者の語る「先生を選ぶコツ」は一読の価値あり。運命の人である(恋愛モードではない)レイコ先生との出会い、レイコ先生のシビアで個性的な教え方、著者の生徒としての非凡なセンス。先生と生徒の漫才のようなレッスンは、じつは哲学的な模索に満ちている。50をすぎたオジサンがピアノの発表会に出てガチガチに緊張しまくる(カワイイ)結末まで、筆力のパワーに圧倒され、笑いどおしで読めます。買って損なし。

『ヤクザときどきピアノ』
著◎鈴木智彦
CCCメディアハウス 1500円