議員視察で同じ報告書、誤字も同じ… 学識者ら批判「抜本的に改めないと」

議員視察で同じ報告書、誤字も同じ… 学識者ら批判「抜本的に改めないと」

 福井県議会の議員連盟などが2017年度に政務活動費を使って実施した県外や海外の団体視察・要請で、議員が提出した報告書は同じものが多かったことが福井新聞の調べで分かった。ひな型のA4判の紙に視察内容を数行だけ箇条書きしていたケースもあった。学識者らは「個人視察、団体視察を問わず、有権者に説明責任を果たせる報告書を一人一人作成すべきだ」と批判している。

 県議会マニュアルでは、県外や海外調査、県外の要請陳情の場合、報告書を事務局に提出する必要がある。ただ様式は議員に任せられている。

 砂防事業促進議連の有志は17年11月、栃木県日光市を視察した。大半が視察先との質疑応答をまとめた同じ報告書を提出し、個別の感想は盛り込まなかった。代表理事の山岸猛夫議員(県会自民党)は「それぞれ手分けして作成した文書を一つにまとめた。使い回しではない」とする。

 観光振興議連の有志も、6月の上海視察と11月の香港視察で同じ報告書を提出していた。砂防事業促進議連と異なり、一人一人の所感が添えられていたが、島田欽一議員(県会自民党)の「欽」の漢字が「欣」になっていた。会長の仲倉典克議員(同)は「事務局役の議員がみんなの所感をもらい、パソコンで打ち直した。漢字の変換ミス」と説明した。島田議員は「しっかり確認していなかった。申し訳ない」と釈明した。

 要請活動の報告書も同様だった。高規格道路建設促進議連の有志は7月、大阪府大阪市の近畿地方整備局へ要望活動を実施。メンバーの発言と整備局の返答をまとめた同じ報告書を提出した。会長の松井拓夫議員(県会自民党)ら一部は、所感を付け加えていた。メンバーの一人は「視察は各議員の所感が必要だと思うが、要望活動はひな型の報告書1枚で済ませていることが多い」とし、今回のケースは丁寧と主張した。

 他にも有権者の批判を免れられないようなケースがあった。6月に沖縄県那覇市の航空自衛隊基地、8月に陸上自衛隊富士総合火力演習を見学した防衛議連の有志の多くは、ひな型のA4判の紙に箇条書きしていた。中には視察内容を2行にとどめた議員もいた。今後の報告書のあり方について会長の田村康夫議員(県会自民党)は「事務局と相談したい」と述べた。

 一方、数人の議員は議連などでまとめた団体の報告書とは別に、個人で作成した詳細な報告書を提出していた。

 市民オンブズマン福井の伊東晴美事務局長は「個人の所感、集合写真だけでは報告書といえないし、数行なんて問題外。貴重な税金を使って視察した以上、県民のために今後どう生かしていくかを具体的にまとめるべきだ。有意義な議員視察とは何なのか改めて考えてほしい」と語る。

 政治資金オンブズマン共同代表の上脇博之神戸学院大教授(憲法学)も「一人一人がそれぞれの視点で成果を示すのは当然のこと。抜本的に改めないといけない」と述べる。その上で議員の団体視察について「仲良しの団体旅行ではないのだから大人数で行く必要がない。厳しい財政事情の中、政務活動費を効率よく節約して使うべきだ」とする。

 中堅議員の一人は自戒を込めてこう語った。「報告書ももちろん大事だが、視察の結果を議員活動に生かすのが大切だ。目的を持った視察だったことが県民に分かるよう一層努めていく必要がある」


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福井新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索