【MLB】元Gマイコラス、米メディアに“日本愛”語る「ファン恋しい」「素晴らしかった」

【MLB】元Gマイコラス、米メディアに“日本愛”語る「ファン恋しい」「素晴らしかった」

本拠地セントルイスで記者会見、日本で「カーブに安定感がついた」

 巨人からカージナルスに移籍したマイルズ・マイコラス投手が13日(日本時間14日)に本拠地セントルイス入りし、地元メディアを相手に記者会見を行った。巨人で成功を収め、好条件でのメジャー復帰を勝ち取った右腕は、溢れんばかりの“日本愛“を明かしている。

 オフには、レンジャーズ時代と同様に髭を蓄えていたマイコラス。しかし、この日は“巨人スタイル”のツルツルフェイスで取材に応じた。

 メジャーではパドレス、レンジャーズの2球団で37試合登板(10先発)、4勝6敗、防御率5.32という実績しかなかった右腕だが、2015年に巨人に加入し、NPB通算62試合登板で31勝13敗、防御率2.18と躍進。昨年末に自由契約となると、名門カージナルスと2年総額1550万ドル(約17億2100万円)の契約を結び、メジャー復帰を果たすこととなった。

 サクセスストーリーを歩んだ“逆輸入”選手の会見では、地元記者から日本時代のキャリアについての質問が集中。最も向上した球種を聞かれると「カーブに安定感がついたと思う、プレートの両サイド、そして低めに集められるようになった。スライダーもそうだね」と変化球に手応えを示した。

巨人ファンに感謝「彼らは本当に力をこめて応援してくれた」

 また、NPBを経験する前後の自身の変化については「日本に渡る以前は、直球とカーブ、時折スライダーという感じだった。日本でのシーズンを経てもっと完成された投手になれたと思う。直球、カーブ、スライダー…チェンジアップも混ぜて、球速の変化もつけてカウントも整えて…そんな感じだね」と話しており、投球の幅が広がったと感じているようだ。

 さらに、恋しく思っている日本のものがあるかと問われると「そうだね、ファンだよ」と即答。「彼らは本当に力をこめて応援してくれた。試合は完売になるし、トランペット、ホーンなども使ってくれて。素晴らしかったよ」と、地元メディアに対して巨人ファンへの感謝の思いを明かしている。

 先発ローテーションの一員として期待されている右腕。名字の「Mikolas」の発音についても聞かれ、「マイコラス…!」と答える場面もあるなど、まだまだ米国での知名度は低い。それでも、巨人で見せたようなピッチングができれば、米国でも確固たる地位を築けるはずだ。

 名門球団で先発を務めることについては「光栄に感じている」と話し、「競争に身を投じるのは好きだし、全身全霊をかけてプレーするつもりだ。ピッチング、バント、フィールディング、ダグアウトからの応援など…勝つために出来ることはなんでもしていきたい。勝ちたいんだ」と並々ならぬ意気込みを明かした。日本への感謝の思いを胸に、4年ぶりのメジャーのマウンドに上がることになる。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索